スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲット スマート

2009年04月24日 21:32

分析官として優秀過ぎるがためになかなか昇格できなかったが、とあるいきさつからやっと念願のエージェントの座を手に入れた主人公が、エージェント「99」の美女とコンビを組んで極秘任務に挑むスパイ・コメディ。昔のTVドラマシリーズ「それ行けスマート」の現代版リメイク(?)らしいけど、元のTVドラマは全然知らずに観ました。

もっとおふざけ満載のスパイ・パロディ的なくだらない作品かと思って観たら、意外とちゃんとした映画でびっくり。アクションシーンも満載で、普通のハリウッド一流アクションと張り合えるぐらいの出来。アメリカン・コメディにありがちな、下品な下ネタギャグなどもないし、派手なアクションを交えて全体的にテンポよく進むため、最後まで飽きずに楽しめる。アメリカン・コメディは笑えなくてちょっと苦手・・・という人も大丈夫。むしろ、おふざけコメディというよりも、笑い要素の多いアクション映画と思って観たほうがいい。

ストーリーや最後の仕掛けなどはありがちな感じだが(そこもパロディ?)、メインの2人のコンビがユニークなので許せる感じ。主人公は新米エージェントでおトボけキャラだが、やるときはやる、基本的には(ドジだけど)「デキる男」なため、だんだんかっこよく見えてきてしまうぐらい。また、相方の美女エージェントはセクシーで可愛い(「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイ)。2人のツーショットには最後まで違和感あったけどね・・・。

軽めのスパイ系アクション映画として、それなりに楽しめました。気軽に何か観たいときにはちょうどいい感じ。予告編でついてきた、スピンオフ作品も面白そう。

B001OC2EPCゲット スマート 特別版(2枚組) [DVD]
ドウェイン・ジョンソン, マシ・オカ, スティーブ・カレル, アン・ハサウェイ, ピーター・シーガル

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-03-11
売り上げランキング : 653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

デイ・オブ・ザ・デッド

2009年04月24日 00:11

ゾンビ映画の超巨匠であり、個人的にめっちゃ崇拝しているジョージ・A・ロメロのゾンビ黙示録シリーズ(と勝手に命名)第3作「死霊のえじき(原題:デイ・オブ・ザ・デッド)」のリメイクと銘打ったB級ゾンビ映画。と言ってもこの手のリメイク作品にありがちな、原作の持ち味は何にも残されていない全くの別物。ただし、ロメロ映画のリメイクだなどと肩肘張らずに、素直にただのゾンビ映画だと思えば結構良い出来。駄作まみれのゾンビ映画業界のなかではかなり面白いほう。

田舎町に検疫隔離演習という名目で州兵がやってきて、町を封鎖してしまう。ちょうどその頃、町中で風邪のような症状が頻発していた。主人公の州兵、サラは、町に住む母親も風邪のような症状で苦しんでいると聞き、病院へ連れてゆくが、次々と人々がゾンビ化してしまい、仲間と共に町を脱出しようとする。

ストーリーはありがちなゾンビ映画そのもの。冒頭のタイトルバックの演出がダサすぎて開始早々やや心配になったが、案外テンポよく進むうえ、いかにもなB級テイストの軽さが上手く出ており、最後まで飽きずに楽しめた。ロメロ映画=しっかりとしたテーマ性、みたいな期待と先入観を持たずに、ただのB級ゾンビ映画と割り切って観るべし。ロメロのことは忘れましょう(ファンの方へ)。

この映画で特筆すべきはゾンビの素早さ。「28日後・・・」や「ドーン・オブ・ザ・デッド」でも超速ゾンビが登場したが、その比じゃない。なんかゾンビというより別のクリーチャーのような超人的な俊敏さ。天井にも張り付いちゃいます。もはやゾンビではない・・・(別に悪い意味ではなく)。また、感染者がゾンビに移行する速度も結構速い。これは「28日後・・・」もそうだったけど。
また、ゾンビ化しても生きていた頃の知能や性質が若干残っているという設定が目新しい。ベジタリアンのゾンビはゾンビ化しても肉を食べない(=人を襲わない)し、研究者のゾンビは狡猾で手強い。

原作「死霊のえじき」との共通点は、そういった「ゾンビに知能が残ってる」という設定(原作でいうバブくん)と、軍人が出て来るぐらいしかない。タイトルバックでご丁寧にも「BACED STORY BY...」とでかでかと紹介されていたが、その意味あんのか、ぐらい。これなら全くの別物としてつくったほうが良かったのでは・・・。まあ集客とかに関係あるのかもしれないので、あんまり突っ込みませんけど。

主人公が可愛いのと、テンポのいい展開、ありがちだがスッキリ終わる結末で、全体的にそれなりに面白い出来。ゾンビ映画やB級ホラーが観たい気分のときには是非どうぞ。気軽に楽しめます。
ゾンビの素早さや町中のシチュエーション(町の造形など)が妙にゲーム「Left 4 Dead」に似ていたため、それをつい思い出してしまった。実際にその状況を体感できるという意味ではやっぱりゲームのほうがダントツに怖いなあ。

B001IH6NKAデイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディション [DVD]
ミーナ・スヴァーリ, ニック・キャノン, ヴィング・レイムス, スティーヴ・マイナー

Happinet(SB)(D) 2009-01-30
売り上げランキング : 1875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

2009年04月23日 23:00

ベトナム戦争の英雄フィーリーフの自伝「トロピック・サンダー」が映画化されることになり、落ちぶれたスターや演技派俳優、有名コメディアンなど、そうそうたるメンバーがキャスティングされた。だが、撮影開始早々映画は撮影中止の危機に直面してしまい、躍起になった監督(若手の新人)は、なんとか映画を完成させるべく、実際のジャングルへと俳優たちを連れて行って撮影を強行することにする。しかし、そこは麻薬密売組織が暗躍する、本物の戦場だった。

戦争映画を撮影しているクルー(正確には俳優のみ)が実際の戦場に行ってしまいどうしよう・・・という、映画業界が舞台のコメディ。映画撮影の現場が舞台なだけあって、映画業界をモチーフにしたブラックジョークなど、映画好きならニヤリとしてしまう演出が随所にあり、飽きない。ただ、ハリウッド製コメディにありがちな「日本人には笑えない演出(過剰な下ネタ、単純過ぎるギャグなど)」も多いので、大爆笑というわけでもない。自分は、どちらかというと、意図的なギャグシーンより随所のそういった小ネタやディテールのブラックジョーク的演出にニヤリとする感じだった。また、ベトナム戦争映画を撮影している設定なので、「プラトーン」などそのへんの作品を観ているともっと面白いのかもしれない。

白人なのに手術して黒人役になりきったカリスマ俳優カーク・ラザラス(ロバート・ダウニーJr)のキャラクターはユニークで、周囲との絡みなどが面白い。また、カメオ出演のトム・クルーズは必見。エンドクレジットまで全然気付かなかった・・・あんな役もやっちゃうのね。二枚目ヒーローばっかりじゃなくて、もっとああいう役をやってくれたら今より好きになるのに!

ハチャメチャながら最後はちゃんとまとまっており、アメリカン・コメディにアレルギーが出なければそれなりの出来。個人的には観る前に期待し過ぎてしまったため、意外と普通・・・というのが正直な感想。映画撮影現場という、いかにも面白そうなシチュエーションがモチーフだったので、もっとそれを生かした、凝った演出が欲しかったところ。普通のアメリカン・コメディの枠は結局出ることがなく、最後も妙に綺麗にまとまっていたのが残念。もっと滅茶苦茶やって欲しかった。日本人にも受ける笑いの方向で(苦笑)。

また、(わざとらしくはあるが)内臓ビローンとかスプラッター的エグい描写が若干あるので、そういうのが無理な人は気をつけたほうがいいかも。
個人的には冒頭のフェイク予告編が一番面白かった。スパイダーマンのあの人が・・・

B001OGSMEKトロピック・サンダー 史上最低の作戦 ディレクターズ・カット 調子にのってこんなに盛り込んじゃいましたエディション【2枚組】 [DVD]
ベン・スティラー, ジャック・ブラック, ロバート・ダウニー・Jr, スティーヴ・クーガン, ベン・スティラー

角川エンタテインメント 2009-04-03
売り上げランキング : 236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アイアンマン

2009年03月20日 18:42

MARVEL産アメコミが原作の、ヒーローものアクション。巨大軍事企業の社長であり、スゴ腕発明家である主人公トニー・スターク。ある事件がきっかけで、自らアイアンスーツを開発し、それを着て悪と戦うアイアンマンとなるのだった。
・・・「悪と戦う」ってところは、今作に関しては微妙に語弊があるのだが、そのへんはあまり書くとネタバレするので、とりあえずいかにもな無難な書き方にしておきます。本当はもっとすったもんだあるのよ。言っちゃったらつまんなくなりそうだから書かないけど。詳しくは本編を観ろ!

そんなわけで、ちょっと書くだけでネタバレしそうなぐらい、プロットがちゃんと出来ている。どんでん返しもバッチリ。126分とこの手の映画にしては長尺だが、それを感じさせないぐらい飽きずに楽しめるところは凄い。
この作品はアイアンマンがいかにして生まれたかという、バットマンで言う「バットマン・ビギンズ」のような位置づけ。なので、実際にアイアンマンが大活躍ー!するのは多分次作からと言った雰囲気がむんむん。なのでみんなが楽しみにしているアイアンマンが大暴れなシーンは意外と少なく、そこを期待したら物足りないかもしれない。ただし、アイアンマンが生まれる過程はとても丁寧に描かれており、また、とてもユニーク。最近のヒーローものラッシュのなかでは、まず当たりと言って間違いない。

とにかく面白いのが、アイアンマンの正体はおっさんだってこと。おっさんですよ?普通シャイな青年だったりして、それがまたヒーローとしての自分との葛藤などで思い悩んだりするのに、おっさんは至って単純明快。自分の信念(?)でもってまっしぐら。とにかくそれを貫き通すために独りでチマチマアイアンスーツつくる。おっさん、頭いい!そんでもってとうとう飛行成功!おっさん、空を飛ぶ!もう、これだけで必見です。ロバート・ダウニーJrはかなりハマり役だと思う。
またその主人公のキャラクターも良くて、軍事企業の社長なだけあって、女遊びは大好きだし、ギャンブルはやるし、だけど台詞も何事もスマートで、なんだか今までの典型的なヒーロー像とのギャップが凄い。バットマンの正体も金持ちの御曹司だけど、優等生タイプのあちらとは対照的。悪そうなおっさん好きの自分としては、かなり好きなキャラクターだったことは間違いないです。「ハンコック」でもそうだったけど、必ずしも現実世界で優等生タイプがヒーローである必要なんてないんだよね。

また、基本全てが科学の力でつくられ、超常的要素が(一応)全くないため、メカニックの描写が多いのだが、そのへんのデザインが秀逸。特にトニーが自室でアイアンスーツを製作する際の、ホログラムのインタフェイスは目新しかった。もちろんアイアンマンそのものもほぼフルCGなんだろうが違和感なし。人が乗り物に頼らず空を飛ぶ、その感じも妙にリアルに出ていて良い。

ともあれこれでアイアンマンの生まれる過程はじっくりわかったわけだから、次回からいよいよ本領発揮ってことか。次回が楽しみ。エンドクレジットのあとに伏線のようなオマケがついているので、エンドクレジットで止めないよう注意!

B001N3570Qアイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
ロバート・ダウニーJR., グウィネス・パルトロー, ジェフ・ブリッジス, テレンス・ハワード, ジョン・ファヴロー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕らのミライへ逆回転

2009年03月10日 18:32

邦題がヒドイが、原題はBE KIND REWIND、「巻き戻してください」。レンタルビデオ屋のキャッチフレーズだ。
田舎町のレンタルビデオ屋(今どきDVDでもなく、VHS!)で働くマイクと、その近所で廃品回収の仕事をしているジェリー。ひょんなことからマイクの働くビデオ店のテープの中身が全て消えてしまい、それをごまかすために2人は自分たちで無理矢理、名作のリメイク(?)を撮影し始めるのだが・・・。

監督はMVの鬼才、ミシェル・ゴンドリー。実はこの人の監督映画って「ヒューマン・ネイチュア」しか観ておらず、個人的には「MV界の凄いヒト」な印象のほうが強い。そんなミシェル・ゴンドリーなだけあって、随所にゴンドリーらしいアナログチックな映像の遊びが散りばめられている。ワンカットで流れるように様々な映画の撮影シーンを見せていったりとか。あれ?でもこれ以前MVでも見たような。

この映画のテーマはズバリ「映画」。しかも、名作(ゴーストバスターズとか)を素人2人がリメイクするわけだから、そのパロディ的な要素を面白がれないと、まず楽しめない。つまり、「映画」についての「映画好き」に向けた映画なのだ。だから入り口の敷居がまず、ちょっと高め。結構な「映画マニア」でないと楽しめないというのは、「映画」の映画なのにどうなのだろう?映画はマニア向けのものではなく、あくまで大衆向けのものではないのか?

また、主役となるおバカコンビ2人がメインで進んでゆくお話の筈なのに、全く2人に感情移入できない。一言で言えば2人の心情描写がお粗末。2人のヘンテコさばかりが引き立ち、実際のところどういう人物なのかが、イマイチ最後まで掴めなかった。
それに付け加えて、おバカでヘンテコな(ある意味ゴンドリーらしい)前半のノリと、後半からいきなり感動させるほうへの落差が激しすぎて、完全について行けず、感動する筈のラストもサッパリ感動できない。

「映画」についての映画ならば、まずその作品そのものが映画として成立していないと駄目なのではないか?映画とは人物とその感情が動かすもので、どんな下手な映画でも、登場人物に感情移入できた時点でそれなりに楽しくなる。その大前提がおざなりで、ひたすら「映画」についての問いかけや、監督の考えばかり提示されてもダレてしまう。正直自分も途中でかなり飽きてしまった。
結論を言えば、計算的な、理屈っぽさばかりが目立つ。もちろんそれもある程度は必要だろうけど、やっぱり一番大切なのは感情などの、計算できない感覚的な何かなのではないか。そこが抜け落ちてしまっている以上、幾ら映画について興味深い考えが示唆されている作品であろうと、自分は評価できない。

ただ、観る人によってはとっても興味深い作品になることは間違いない。映画好きを自認する、もしくはつくり手側の人間は観たほうがいいかもしれない。個人的な評価は★★だが、観る人によって印象が全く異なると思うので、とりあえず★★★。

B001OF640K僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD]
ジャック・ブラック, モス・デフ, ダニー・グローヴァー, ミア・ファロー, ミシェル・ゴンドリー

ジェネオン エンタテインメント 2009-03-06
売り上げランキング : 223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。