スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年07月22日 01:18

超有名ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズ第6作目の同名映画化作品。ちなみにシリーズは全7作で原作は完結済み、最終章となる7作目「ハリー・ポッターと死の秘宝」は来年2010年秋に前後編に分かれて公開予定。原作は全作既読、過去作品(映画)も全て鑑賞済みなうえでのレビューとなります。

物語はハリーがホグワーツ魔法学校6年生になり、ダンブルドア校長がハリーの元に訪れるところから始まる。ダンブルドアはハリーに頼みごとがあると言うのだが・・・。
それと同時に闇の魔法使いが大っぴらに行動を始め、マグル(普通の人間)の世界にまで侵食してくる。闇の魔法使いたちを束ねるヴォルデモード卿を止める手段は果たしてあるのだろうか。

3作目「アズカバンの囚人」からようやく本筋突入の気配を見せ、4作目「炎のゴブレット」で急展開、5作目「不死鳥の騎士団」でいよいよ物語の大きな流れが動き出した、その続きとなり最終章への布石とも言える、重要なポジションとなる今作。そういった流れから言っても、もはや過去作を観ていない人にはどう考えたってついていけない内容なのは確か。まず、少なくとも前作を、できれば過去作品全てを、さらに望むべくは原作を既読のうえ鑑賞するのをオススメします。

というのも、原作は最終章「死の秘宝」に並ぶボリュームの2冊組みなのに対し、映画は2時間半と長尺なれど1本に収まっている。つまり、相当量のエピソードが割愛されているということ。
原作をかなり最近に読破済みの自分としては、ストーリーが既に頭の中に入っているから、映画を観ながら「ああー、ここは映像になるとこんな感じなんだ」などと楽しむ余裕があったが、果たしてそうでない人にとって意味がわかるのか、若干不安に感じるところがあった。第6作目ともなると、過去作品に張られていた伏線の回収や、その拡大、また、過去に登場したガジェットなどが数多く登場し、その割にはそれらの解説が省かれているため、全てを楽しむためにはそれらを完璧に理解してから鑑賞する必要がある。
だが、今までの映画作品だけでは説明不足なところもあり、結局原作をちゃんと読んでいないと完全には楽しめないつくりになっている。これはどうかと思った。全世界で膨大な売り上げを誇った原作だから仕方がないのかもしれないが、これは「原作を読んだ人があらためて映画を観て楽しむ」映画に他ならない気がした。

もちろん原作は映画と比べても相当面白いし、原作を読んでから映画を観るという楽しみ方は確かにあるので、余裕がある人は原作を是非読んで欲しい。逆に言えば、来年公開される最終章を観る際に、原作を読んでいるのといないのとでは感動が全く違うのは確かだろう。

というわけで、ストーリーには原作つき映画にありがちな、やや強引な展開、説明不足なところが目立つが、グラフィックはかなり美麗。話が進行するにつれ、最初の頃の明るいファンタジーから一転してどんどんダークなタッチへ変わってきたところでの今作は、色調から言って、とにかく暗い。その暗さが現状の不穏さを一層掻きたてダークファンタジーとしての雰囲気は抜群。作中登場する「憂いの篩」の、水のなかに墨を垂らしたような演出もその雰囲気とマッチしていて美しい。
その暗さの中に、ハリーたちホグワーツ生徒の、思春期ならではの学校生活のゴタゴタが、一抹の明るさを醸し出している。ただ、原作だとそれプラス、ハリーの年齢相応の悩みや葛藤がかなり描かれていたところを、長さ上の問題からか削られてしまっているところは相変わらずもったいないところ。

何はともあれ、このシリーズはやっぱり原作を読まないと駄目なんだなーと再認識させられた一作。次回作は映画も前後編ということで、なるべく細かいエピソードが割愛されていないことを望む。

(同シリーズの別の記事)
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

B002AQTCWYハリー・ポッターと謎のプリンス [DVD]


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4915512576ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2006-05-17
売り上げランキング : 56

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/43-8c3bfd4e
この記事へのトラックバック

「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」2時間半の前菜が始まった、...

「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2009年、155分、アメリカ 映画のランキング↑                               ★映...



RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。