スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラーズ

2009年07月12日 18:58

元刑事のベンは、ニューヨークのとある建物の夜警として勤務し始める。そこは過去大火災に遭ったデパートで、今もなお当時の状態のまま残っている。ある晩、フロアに印象的に飾られた大鏡に触れたとき、ベンとその家族に悪夢のような出来事が次々と降りかかってゆく・・・。

タイトルそのまんま、鏡モノサスペンスホラー。火災に遭ったデパートに残された鏡の謎を解き明かしつつ、その鏡の中に潜む何者かと対峙してゆくというもの。主演はキーファー・サザーランド。観てないけど「24」で一躍有名になりました。でも個人的にはやっぱり「スタンド・バイ・ミー」の不良なわけで。その頃よりは老けたけど、顔はやっぱり変わらないのね、とか思いつつ。

焼け焦げたデパートの雰囲気やオカルトチックなギミックは、どうしても「サイレントヒル」を彷彿としてしまう。なんだか至るところで似たようなシチュエーションが満載。そのため目新しさ皆無。しかも鏡を使ったホラーだというのに、なんだかイマイチ一貫性がない。詳しく書くとネタバレしまくるので書きませんが、この映画内での「鏡」というものがどういう役割であり、どういう意味を担っているのかの理由づけがその場によってバラバラで、そのためストーリーに統一感が欠けている。「鏡」をテーマにしているからには、そこが一番重要なポイントな筈なのに、そこがバラけていて明確でないため、全体的に矛盾が残る。

タッチやテイスト>「サイレントヒル」のパクりっぽい
ストーリー>矛盾だらけ
というわけで、結論を言えばイマイチな出来。「鏡」という複雑なモチーフを敢えて使うのならもっと考えるべき。エンディングはそこそこ捻りが効いた演出だが、全体的な骨子が滅茶苦茶なので残念ながら全く引き立ってない。ちょっと違うがパラレルワールドものホラーで言えば、前述の「サイレントヒル」や「エルム街の悪夢」のほうがよっぽどよくできていた。

唯一斬新だったのは、某登場人物の殺され方。あれはなかなかショッキングでした。でもよく考えたら、誰かが殺されるシーンってあれともう一箇所しかないのか。ちょっと少なすぎない?(ホラーにしては)

そういうわけで、少ないけれどもグロ描写はがっつりあるのでグロ苦手な人は注意。
ただ、全体的なテンポや映像は特に問題ないので、矛盾さえ気にならなければ、そこそこ楽しめるかかもしれません。作品としてはかなり致命的な矛盾ではありますが。まあ、「ショッキングな殺されシーン」がどうしても観たい人じゃなければ、他にもっと良作ホラーはあるので、個人的にはそちらを鑑賞することをオススメします。

B0026OBVLAミラーズ (完全版) [DVD]
キーファー・サザーランド, ポーラ・パットン, エイミー・スマート, アレクサンドル・アジャ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2009-07-03
売り上げランキング : 248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/42-13ede035
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。