スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

2009年05月31日 20:34

超有名ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズ第3作目の同名映画化作品。
前作、前々作同様、DVDリリース当初に一度観ているのだが、原作を読んだのでまた観た。

今作は前2作のクリス・コロンバスから変わってメキシコ人監督、アルフォンソ・キュアロンが監督している。アルフォンソ・キュアロン!そう、「トゥモロー・ワールド」で度肝を抜かれたあの監督ですよ!今作はこの「トゥモロー・ワールド」の制作資金をつくるために引き受けたらしいのだけど、やっぱりキュアロン節は健在で、前2作とは全く違う趣になっている。ちなみに「トゥモロー・ワールド」はまごうことなき★5個の大傑作なのでこちらも必見。

キュアロンといえば、「トゥモロー・ワールド」での架空の荒廃した近未来世界のリアリティある描き方が絶妙だったのが印象的だが、架空の世界を描くという点ではこの「アズカバンの囚人」もかなり突出している。
物語は今までと同じホグワーツ校を中心に起こるのだが、まず、建物や庭の構造といった美術そのものが全く違う。前2作と同じ場所とは思えないぐらいだ。校舎となる城から広い庭を挟み、禁じられた森の端に建つという設定のハグリッドの小屋の周辺の描写が特に今までと大きく異なり、高低差のあるやや荒廃した雰囲気になっている。それ以外にも、城の周りを取り囲む木々の感じが以前より鬱蒼としており、全体的に薄暗く、魔法・魔術というものがもつ陰鬱な側面の雰囲気を上手く醸し出している。
前2作の明るく健全なファンタジーの雰囲気が好きだった人は、このダークな雰囲気に少々面食らうかもしれない。好き嫌いは分かれると思うが、自分はかなり好みだった。

物語はホグワーツ3年生(13歳)となったハリーのもとに、アズカバンと呼ばれる魔法界の監獄から脱走した凶悪犯シリウス・ブラックがハリーを探しているという噂が飛び込んでくるところから始まる。それに合わせてホグワーツにディメンター(吸魂鬼)という恐ろしい怪物が配置され、シリウスからハリーを守るため警護にあたるのだが・・・。

脱獄したシリウスを始め、今後の物語に大きく関わる重要人物たちが次々登場し、ハリー・ポッターの壮大な物語もようやく本筋に入ってきたというところ。原作は約650ページ(携帯版)と、500ページ前後だった前2作よりスケールアップしており、そのぶん緻密に構成されたストーリーはシリーズ中でも定評のある完成度。クライマックスの「あの」展開などはユニークで、面白い。ただし、原作はスケールアップしていても、映画の尺はあまり変わらないので、大幅に削減されていることは否めない。しかも、今作から、今後の展開に関わってくる伏線や細かな設定などが登場するので、そういった要素がやや削られすぎている感はある。これは限られた時間しかない映画では仕方のないことだろうが、物語に魅力を感じた人はここいらで是非原作に手を出して欲しいところ。原作を読めば、より細かい設定や伏線~回収がわかり、さらに深く物語を楽しめること受けあい。

ただ、やはり監督が変わるとこうも変わるのかというのが些細なディテールの描写の仕方。新学期が始まるときの合唱シーンや、寝室でハリーやロンたちがふざけているシーンなど、原作にはない描写が随所に差し込まれ、ハリーたちの生活にリアリティを与えている。ストーリーに直接関係がなくとも、こういった細やかな演出というのが本来の映画のもつ面白みであり、同時に物語にのめりこませる大きな役割を担っているのは確か。やはりその辺りはさすがキュアロン、今までと少し違った着眼点が大いに生かされている。
また、ディメンターの造形や登場時の演出も見事。「忍びの地図」のデザインや、それを生かしたエンドクレジットも洒落ていて、長いエンドクレジットをつい最後まで観てしまった。

そして何より、シリウス・ブラック役にゲイリー・オールドマン!ゲイリー!大好きです。適役です。最近はバットマンの補佐っぽい冴えない刑事だったりしてますが、やっぱりゲイリーはこういうチョイ悪っぽい役が最高!なんたってシド・ビシャスですからね・・・(※昔「シド・アンド・ナンシー」という映画でセックス・ピストルズのシド・ビシャス役を演じてた)。自分にとっては今でもゲイリー=シドなのであります。
そして今作からダンブルドア校長先生がマイケル・ガンボンに。前2作で演じていたリチャード・ハリスが亡くなってしまったからなんですが、この人、「コックと泥棒、その妻と愛人」(←自分が超大好きな映画)の泥棒役の人なんですよねー。その映画では極悪人を演じていたので、なんだか違和感が・・・。なんていうか、怖い?(笑) まあ、「コックと泥棒~」の役どころのほうがこの人にとっては変化球だったのだろうと思われるので、いいんですけどね。もちろんまごうことなき名優です。

次作「炎のゴブレット」以降はまた違う監督に変わってしまうのだけど、理想を言えばずっとキュアロンに監督して欲しかった。やっぱり、いくら原作が有名でよくできているからといっても、映画にする際は監督次第で大きく変わると実感。もちろんそのプレッシャーもすさまじいものだろうけど、もうちょっと監督のチョイスは洗練して欲しいなあとつくづく思った一作。

(同シリーズの別の記事)
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターと謎のプリンス

B00008MSTUハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版 [DVD]
J.K.ローリング

ワーナー・ホーム・ビデオ 2004-12-17
売り上げランキング : 7913

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4915512401ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
松岡 佑子

静山社 2001-07-12
売り上げランキング : 7109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/38-d1fcf684
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。