スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

2009年05月10日 22:41

超有名ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズ第2作目の同名映画化作品。
前作同様、DVDリリース当初に一度観ているのだが、原作を読んだのでまた観た。

前作「賢者の石」から立て続けに観ると、俳優陣の成長っぷり(特にハリーたち子どもの)にどうしても目が行ってしまう。映画のリリースもだいたい一年間隔ぐらいだと思ったのだが、こんなに成長してしまうものなのか。12歳の設定にしては既に青年っぽい面影も出てきており、欧米人は発育がいいなーとつくづく思ったり。もちろん話も前作の続きとなるので、サザエさん的な、いつまでも成長しないようなものではないので内容的には問題はない。

11歳の誕生日に、自分が魔法使いであるとわかり、ホグワーツ魔法学校に入学したハリー。怒涛の一年を終えて、再び夏休みに意地悪なおじさん一家の住む家へと帰るところまでが前作の流れ。今作は、もうすぐホグワーツ2年目(2年生)を迎えるハリーの元へ、屋敷しもべ妖精のドビーがやってくるところから始まる。「今学期、ハリー・ポッターは学校へ戻ってはいけません」と告げ、ハリーをなんとかおじさんの家に留まらせようとするドビー。その制止を振り切って、再びホグワーツへやってきたハリーだが、校内で生徒が次々に襲われるという謎の事件が巻き起こる。

説明的で、単調な前作に比べれば、おおまかな概要は前作で既に説明し終わっているということもあり、学校を揺るがす大きなトラブル発生というスケールアップしたストーリーとともに、ハラハラドキドキ感を味わえる。前作のような冒険要素は少ないが、その代わりミステリアスな謎とき要素が豊富。前作を10分上回る、2時間40分という途方もない長尺にしては、飽きずに最後まで楽しめる(それでも長いけど)。
ただ、やはり、前作同様物語を語ることにいっぱいいっぱいで、こちらに考える隙を与えずどんどんお話が進んでいってしまうのは残念。せっかく様々な謎と伏線が張り巡らされているのに、ストーリーの進行のペースが早いため、色々想像する暇もなく答えが次々に明かされてしまい、気がつけば終わっているといった感じ。ただ、それでも、おおまかな説明が済んでいるぶんストーリーに重心を置けるので、前作よりはまだましだろう。

また、当たり前だが特撮も前作より若干スケールアップ。校内の些細な描写なども増えているので、ファンには嬉しいかぎり。迫力あるシーンも前作より多いように感じた。

次作「アズカバンの囚人」からいよいよ本筋とも言える物語が始まり、重要な登場人物が登場したりと、雰囲気がガラッと変わるので、お子様向け明るいファンタジーはここまでといった感じ。また、次作から原作のボリュームも増大し、そのため原作から削られる要素も多くなるので、原作にほぼ忠実に、一話完結な体裁をとれているのもここまでと言えよう。ここまででそのお子様テイストにウンザリな方は、是非次作を観てみてください。なんたってあのアルフォンソ・キュアロンだからね!

ここまでのシリーズ好きな順:秘密の部屋(2)>賢者の石(1)

(同シリーズの別の記事)
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリーポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと謎のプリンス

B001GXGCZWハリー・ポッターと秘密の部屋 [DVD]
クリス・コロンバス J.K.ローリング ジョン・ウィリアムズ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-11-19
売り上げランキング : 31645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4915512398ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)
Joanne Kathleen Rowling 松岡 佑子

静山社 2000-09
売り上げランキング : 66388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/35-7841db8c
    この記事へのトラックバック

    ハリー・ポッターと秘密の部屋

    ドビーめは警告しに参りました。



    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。