スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイ・オブ・ザ・デッド

2009年04月24日 00:11

ゾンビ映画の超巨匠であり、個人的にめっちゃ崇拝しているジョージ・A・ロメロのゾンビ黙示録シリーズ(と勝手に命名)第3作「死霊のえじき(原題:デイ・オブ・ザ・デッド)」のリメイクと銘打ったB級ゾンビ映画。と言ってもこの手のリメイク作品にありがちな、原作の持ち味は何にも残されていない全くの別物。ただし、ロメロ映画のリメイクだなどと肩肘張らずに、素直にただのゾンビ映画だと思えば結構良い出来。駄作まみれのゾンビ映画業界のなかではかなり面白いほう。

田舎町に検疫隔離演習という名目で州兵がやってきて、町を封鎖してしまう。ちょうどその頃、町中で風邪のような症状が頻発していた。主人公の州兵、サラは、町に住む母親も風邪のような症状で苦しんでいると聞き、病院へ連れてゆくが、次々と人々がゾンビ化してしまい、仲間と共に町を脱出しようとする。

ストーリーはありがちなゾンビ映画そのもの。冒頭のタイトルバックの演出がダサすぎて開始早々やや心配になったが、案外テンポよく進むうえ、いかにもなB級テイストの軽さが上手く出ており、最後まで飽きずに楽しめた。ロメロ映画=しっかりとしたテーマ性、みたいな期待と先入観を持たずに、ただのB級ゾンビ映画と割り切って観るべし。ロメロのことは忘れましょう(ファンの方へ)。

この映画で特筆すべきはゾンビの素早さ。「28日後・・・」や「ドーン・オブ・ザ・デッド」でも超速ゾンビが登場したが、その比じゃない。なんかゾンビというより別のクリーチャーのような超人的な俊敏さ。天井にも張り付いちゃいます。もはやゾンビではない・・・(別に悪い意味ではなく)。また、感染者がゾンビに移行する速度も結構速い。これは「28日後・・・」もそうだったけど。
また、ゾンビ化しても生きていた頃の知能や性質が若干残っているという設定が目新しい。ベジタリアンのゾンビはゾンビ化しても肉を食べない(=人を襲わない)し、研究者のゾンビは狡猾で手強い。

原作「死霊のえじき」との共通点は、そういった「ゾンビに知能が残ってる」という設定(原作でいうバブくん)と、軍人が出て来るぐらいしかない。タイトルバックでご丁寧にも「BACED STORY BY...」とでかでかと紹介されていたが、その意味あんのか、ぐらい。これなら全くの別物としてつくったほうが良かったのでは・・・。まあ集客とかに関係あるのかもしれないので、あんまり突っ込みませんけど。

主人公が可愛いのと、テンポのいい展開、ありがちだがスッキリ終わる結末で、全体的にそれなりに面白い出来。ゾンビ映画やB級ホラーが観たい気分のときには是非どうぞ。気軽に楽しめます。
ゾンビの素早さや町中のシチュエーション(町の造形など)が妙にゲーム「Left 4 Dead」に似ていたため、それをつい思い出してしまった。実際にその状況を体感できるという意味ではやっぱりゲームのほうがダントツに怖いなあ。

B001IH6NKAデイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディション [DVD]
ミーナ・スヴァーリ, ニック・キャノン, ヴィング・レイムス, スティーヴ・マイナー

Happinet(SB)(D) 2009-01-30
売り上げランキング : 1875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/28-05d305cf
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます

    -

    管理人の承認後に表示されます



    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。