スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

2009年04月23日 23:00

ベトナム戦争の英雄フィーリーフの自伝「トロピック・サンダー」が映画化されることになり、落ちぶれたスターや演技派俳優、有名コメディアンなど、そうそうたるメンバーがキャスティングされた。だが、撮影開始早々映画は撮影中止の危機に直面してしまい、躍起になった監督(若手の新人)は、なんとか映画を完成させるべく、実際のジャングルへと俳優たちを連れて行って撮影を強行することにする。しかし、そこは麻薬密売組織が暗躍する、本物の戦場だった。

戦争映画を撮影しているクルー(正確には俳優のみ)が実際の戦場に行ってしまいどうしよう・・・という、映画業界が舞台のコメディ。映画撮影の現場が舞台なだけあって、映画業界をモチーフにしたブラックジョークなど、映画好きならニヤリとしてしまう演出が随所にあり、飽きない。ただ、ハリウッド製コメディにありがちな「日本人には笑えない演出(過剰な下ネタ、単純過ぎるギャグなど)」も多いので、大爆笑というわけでもない。自分は、どちらかというと、意図的なギャグシーンより随所のそういった小ネタやディテールのブラックジョーク的演出にニヤリとする感じだった。また、ベトナム戦争映画を撮影している設定なので、「プラトーン」などそのへんの作品を観ているともっと面白いのかもしれない。

白人なのに手術して黒人役になりきったカリスマ俳優カーク・ラザラス(ロバート・ダウニーJr)のキャラクターはユニークで、周囲との絡みなどが面白い。また、カメオ出演のトム・クルーズは必見。エンドクレジットまで全然気付かなかった・・・あんな役もやっちゃうのね。二枚目ヒーローばっかりじゃなくて、もっとああいう役をやってくれたら今より好きになるのに!

ハチャメチャながら最後はちゃんとまとまっており、アメリカン・コメディにアレルギーが出なければそれなりの出来。個人的には観る前に期待し過ぎてしまったため、意外と普通・・・というのが正直な感想。映画撮影現場という、いかにも面白そうなシチュエーションがモチーフだったので、もっとそれを生かした、凝った演出が欲しかったところ。普通のアメリカン・コメディの枠は結局出ることがなく、最後も妙に綺麗にまとまっていたのが残念。もっと滅茶苦茶やって欲しかった。日本人にも受ける笑いの方向で(苦笑)。

また、(わざとらしくはあるが)内臓ビローンとかスプラッター的エグい描写が若干あるので、そういうのが無理な人は気をつけたほうがいいかも。
個人的には冒頭のフェイク予告編が一番面白かった。スパイダーマンのあの人が・・・

B001OGSMEKトロピック・サンダー 史上最低の作戦 ディレクターズ・カット 調子にのってこんなに盛り込んじゃいましたエディション【2枚組】 [DVD]
ベン・スティラー, ジャック・ブラック, ロバート・ダウニー・Jr, スティーヴ・クーガン, ベン・スティラー

角川エンタテインメント 2009-04-03
売り上げランキング : 236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/27-b3aacf89
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。