スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアンマン

2009年03月20日 18:42

MARVEL産アメコミが原作の、ヒーローものアクション。巨大軍事企業の社長であり、スゴ腕発明家である主人公トニー・スターク。ある事件がきっかけで、自らアイアンスーツを開発し、それを着て悪と戦うアイアンマンとなるのだった。
・・・「悪と戦う」ってところは、今作に関しては微妙に語弊があるのだが、そのへんはあまり書くとネタバレするので、とりあえずいかにもな無難な書き方にしておきます。本当はもっとすったもんだあるのよ。言っちゃったらつまんなくなりそうだから書かないけど。詳しくは本編を観ろ!

そんなわけで、ちょっと書くだけでネタバレしそうなぐらい、プロットがちゃんと出来ている。どんでん返しもバッチリ。126分とこの手の映画にしては長尺だが、それを感じさせないぐらい飽きずに楽しめるところは凄い。
この作品はアイアンマンがいかにして生まれたかという、バットマンで言う「バットマン・ビギンズ」のような位置づけ。なので、実際にアイアンマンが大活躍ー!するのは多分次作からと言った雰囲気がむんむん。なのでみんなが楽しみにしているアイアンマンが大暴れなシーンは意外と少なく、そこを期待したら物足りないかもしれない。ただし、アイアンマンが生まれる過程はとても丁寧に描かれており、また、とてもユニーク。最近のヒーローものラッシュのなかでは、まず当たりと言って間違いない。

とにかく面白いのが、アイアンマンの正体はおっさんだってこと。おっさんですよ?普通シャイな青年だったりして、それがまたヒーローとしての自分との葛藤などで思い悩んだりするのに、おっさんは至って単純明快。自分の信念(?)でもってまっしぐら。とにかくそれを貫き通すために独りでチマチマアイアンスーツつくる。おっさん、頭いい!そんでもってとうとう飛行成功!おっさん、空を飛ぶ!もう、これだけで必見です。ロバート・ダウニーJrはかなりハマり役だと思う。
またその主人公のキャラクターも良くて、軍事企業の社長なだけあって、女遊びは大好きだし、ギャンブルはやるし、だけど台詞も何事もスマートで、なんだか今までの典型的なヒーロー像とのギャップが凄い。バットマンの正体も金持ちの御曹司だけど、優等生タイプのあちらとは対照的。悪そうなおっさん好きの自分としては、かなり好きなキャラクターだったことは間違いないです。「ハンコック」でもそうだったけど、必ずしも現実世界で優等生タイプがヒーローである必要なんてないんだよね。

また、基本全てが科学の力でつくられ、超常的要素が(一応)全くないため、メカニックの描写が多いのだが、そのへんのデザインが秀逸。特にトニーが自室でアイアンスーツを製作する際の、ホログラムのインタフェイスは目新しかった。もちろんアイアンマンそのものもほぼフルCGなんだろうが違和感なし。人が乗り物に頼らず空を飛ぶ、その感じも妙にリアルに出ていて良い。

ともあれこれでアイアンマンの生まれる過程はじっくりわかったわけだから、次回からいよいよ本領発揮ってことか。次回が楽しみ。エンドクレジットのあとに伏線のようなオマケがついているので、エンドクレジットで止めないよう注意!

B001N3570Qアイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
ロバート・ダウニーJR., グウィネス・パルトロー, ジェフ・ブリッジス, テレンス・ハワード, ジョン・ファヴロー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/26-7dfa020e
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。