スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイズ

2009年03月01日 02:29

舞台はニューヨーク、けたたましく鳴り響く車の防犯アラームの騒音に耐えかねた主人公が、その「騒音」を排除すべく徐々に過激に破壊活動を繰り広げてゆく姿を描く。

と、なんだか不穏な気配がむんむんな書き方をしてしまったけど、あくまで軽快なタッチでテンポ良く楽しめる社会派ドラマ。主演のティム・ロビンスもいい感じ。

大都会の真ん中で人々が住んで生活しているというニューヨークの街は、実はかなり特殊な街なんだなと改めて感じた。東京で言えば渋谷の109に人が住んでるような感じ。そういう住環境って実はあんまりない。だから主人公の騒音へのイライラというのは、正直いまいちピンと来ないと言えばそうなんだけど、きっとニューヨークで生活している人にとっては切実な問題なんだろう。
そんな環境の違いはあれど、主人公が騒音に悩まされ、破壊に及んでゆく姿はあくまでコミカルに描かれ決してだれることはない。むしろ普通に楽しめる。ラストも爽快。地味ながら佳作。

主人公が娘と会話するシーンで、「サイレンは女の人の名前なの?」のくだりのやりとりが結構好き。そして近くには折り紙を折っている謎の日本人(?)が・・・。そういえば他にも日本人出てきたな。日本のわびさび→騒音との対比?ととるのはちょっと深読みし過ぎだろうか。

B001P953D4ノイズ [DVD]
ヘンリー・ビーン

テレビ東京 2009-04-03
売り上げランキング : 33254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/20-75fc80e5
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。