スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスタービア

2009年02月25日 04:50

自宅謹慎になった学生が、興味本位で隣近所を覗き見しているうちに、見てはいけないものを見てしまって・・・という、現代版ヒッチコックの「裏窓」風サスペンス。

おバカ学生(ありがち)がトラブルに巻き込まれちゃってどうしよう!(ありがち、でも大好き)という典型の設定かと思えば、冒頭は意外なほどシリアスな雰囲気で始まりちょっと面食らう(いい意味で)。主人公の学生が、ただのバカ学生ではなく、ちょっとした家庭内の確執を抱えているという、ありがちな設定にプラスアルファの深みを持たせているところは好感が持てる。主人公やヒロインなど、それぞれ少なからずその年齢相応の悩みを抱えていたり、かと言ってそれが前面に押し出されるわけじゃなく軽快なやりとりがあったり、笑い要素があったりと、ベースとなるサスペンスに加えてそういった細やかな演出に抜け目がないため、テンポ、バランス的に飽きずに最後まで楽しめる。

ヒッチコックの「裏窓」は昔観たけどほとんど覚えてなく(汗)、でも現代の10代の若者が主人公な時点で全く違う作品になっていると思う。ネット、ビデオカメラ、携帯など今どきのテクノロジーが整った環境で、覗き見をするということがいかに容易で、また、現代のプライベートという枠が、いかに境界線が曖昧になっているか、ということをちょっと再認識させられた(メイキングでも言っていたけど)。

ティーン映画らしく、10代の男女の軽いノリのやりとりも多分にあって、個人的にそういうのが大好きなのでその辺りも満足。
また、キャスティングがかなりいい感じ。主人公は「トランスフォーマー」や「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のシャイア・ラブーフだし(大好き!)、そのお母さんは「マトリックス」のトリニティ役のキャリー・アン・モス(お母さん役がハマり過ぎて最初わからなかった)、ヒロインは可愛いし、主人公の男友達のアジア系の彼もいい感じ(好みかも・・・)。そして疑惑の隣人役のデビッド・モースがかなり良い!優しげなのに異様、という雰囲気が存分に出ていて存在感が抜群。やっぱりキャスティングは大事よね。その映画にどれだけのめり込めるかが全然違ってくる。ちなみに、大好きなシャイアくんは、今まで観たどの作品より一番ハマってたと思う。
それにしても、やっぱりアメリカの若者はXbox360で遊んでいるのね。そしてお母さんがTVのコードぶっち切るところは笑った。そこまでしなくても、トリニティ!

後で知ったのだけどこれの監督って「イーグル・アイ」の監督なんだね・・・。「イーグル・アイ」は駄作でしたがこちらは良作。オススメです。監督、さては脚本のチョイス誤ったな。

B001G9EBK4ディスタービア [DVD]
シャイア・ラブーフ, サラ・ローマー, D.J.カルーソ

角川エンタテインメント 2008-10-17
売り上げランキング : 8840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hitokucinema.blog53.fc2.com/tb.php/17-a00d43de
    この記事へのトラックバック


    RECENTLY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。