スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラダを着た悪魔

2009年02月28日 01:52

ジャーナリストを志すファッションにとんと興味のない女の子、アンディが、超一流ファッション誌「ランウェイ」のカリスマ鬼編集長ミランダのアシスタントとして採用され、理不尽で意地悪なミランダを嫌いつつも、徐々にその業界へとはまってゆく様を描く。

ダサダサな女の子(だけどもちろん映画なので中身はとても可愛い)がどんどんオシャレになって仕事で成功してゆく現代のシンデレラ・ストーリーと言えばそれまでだが、そこまで単純なお話でもない。むしろ「女性が仕事をすること」、もっと突き詰めれば「働くということ」というテーマが前面に出ていて、女性であり仕事をしている自分としては、業種や環境は違えど異様に感情移入してしまい、それ故感じることがたくさんあった。とりあえず働く女性は必見。働く女性にありがちな悩みや葛藤、仕事に熱中しすぎてプライベートが疎かになってしまう感覚、そういったものが見事に詰め込まれている。また、主人公の上司であるミランダの言葉からは、「働くということ」そのものに対しての、ひとつの答えを感じとれる(それを正しいととるかは人それぞれだけど)。
終わり方は自分にとってはちょっと微妙。でもアンディはそう決断した。そんな感じ。ここでも、人それぞれ、自分自身の考え方を再認識させられると思う。そういう意味ではとても良かった。
また、ミランダ役のメリル・ストリープがとてもいい。抑えた口調で、シンプルに言葉を発し、業界ではカリスマ的存在だけど、そんな彼女も家庭を持つ一人の女。ただの嫌味な上司じゃない、そういう感じがとても出ていてハマリ役。

もちろん当初のイメージ通り、オシャレなファッション、ニューヨークでのライフスタイル、そういう描写も目白押しなので、それだけが目当てでも充分楽しめる。だけどそれだけで終わっていない。久々に後に残る映画を観た。オススメです。

B001EI5M28プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-10-16
売り上げランキング : 1166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

オープン・ウォーター

2009年02月26日 06:14

リゾートにバカンスに来たカップルが、ダイビングのツアーに参加したものの、船に置いてきぼりを食らっちゃってどうしよう、という実話に基づいた(本当なの??)お話。

とりあえず一言。ダイビングこええ!そして、海ってやっぱり怖い!(綺麗だけどね)

いかにもなB級風味漂うバカップルのパニック映画かと思いきや、ビデオ撮影+手持ちカメラのドキュメンタリテイストな作品でちょっと意表を突かれた。特典でついてた予告編を観ると、サンダンス出だというから納得。通りで低予算、素人っぽいわけだ。

良くも悪くもそのドキュメンタリタッチのせいで、妙な生々しさがあり(冒頭で「実話に基づく・・・」とか出てたせいもあり)、正直観ていてげんなり。終わったあとはもっとげんなり。ダイビングやってる人が観たら更にキツいかもしんない。監督は海が嫌いなのか?笑
ただ、ドキュメンタリタッチを意図してか、単に低予算だからかわからないが、撮影やカットのつなぎ方などがイマイチで、そのせいでテンポがあまり良くない。それがある意味リアルさを引き立ててもいるのだけど、個人的にはもうちょっとテンションの高い(=山場などがちゃんとあり)、エンタメっぽさがあったほうが楽しめるんじゃないかと思った。わざと狙ってるのかもしれないけどさあ。

それと、海に取り残されるということで、主役のカップル2人だけのシーンが大半を占めるわりには、あまり2人のキャラクターについての描写がないのが残念。もちろん海に2人取り残されたことで、些細な諍いがあったりとかそういうシーンもあるのだけど、もっとそういった、極限状態の心理描写を見せても良かったような気がする。そういう部分が意外とあっさりしているので、パニック=人間のエグい部分が見えちゃって・・・といった、期待していたようなシチュエーションはそこまでなく、物足りない感がややあり。

それでも海に取り残されて・・・という絶望感は絶大。そこが狙いならひとまず成功してる。とりあえず何度も観たくないです、精神的に来るので(笑)。泳げない人、もともと海が嫌いな人は確実に観るべきじゃない。あと、カップルでダイビング行く人は行く前に観ないように。サメが出てくるパニック映画で楽しみたい人は、素直に「ジョーズ」を観るべきだ!

2の予告編が面白すぎて興味が出て、それなら1から観ようと思って観たんですが、似たようなシチュエーションということですぐに2を観る気になれません。ちなみに2の予告編は、映画の内容云々じゃなくて予告編そのものが面白いという代物です。あれ(予告編)は必見。

B000A16D2Sオープン・ウォーター [DVD]
クリス・ケンティス

ポニーキャニオン 2005-11-16
売り上げランキング : 19416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ディスタービア

2009年02月25日 04:50

自宅謹慎になった学生が、興味本位で隣近所を覗き見しているうちに、見てはいけないものを見てしまって・・・という、現代版ヒッチコックの「裏窓」風サスペンス。

おバカ学生(ありがち)がトラブルに巻き込まれちゃってどうしよう!(ありがち、でも大好き)という典型の設定かと思えば、冒頭は意外なほどシリアスな雰囲気で始まりちょっと面食らう(いい意味で)。主人公の学生が、ただのバカ学生ではなく、ちょっとした家庭内の確執を抱えているという、ありがちな設定にプラスアルファの深みを持たせているところは好感が持てる。主人公やヒロインなど、それぞれ少なからずその年齢相応の悩みを抱えていたり、かと言ってそれが前面に押し出されるわけじゃなく軽快なやりとりがあったり、笑い要素があったりと、ベースとなるサスペンスに加えてそういった細やかな演出に抜け目がないため、テンポ、バランス的に飽きずに最後まで楽しめる。

ヒッチコックの「裏窓」は昔観たけどほとんど覚えてなく(汗)、でも現代の10代の若者が主人公な時点で全く違う作品になっていると思う。ネット、ビデオカメラ、携帯など今どきのテクノロジーが整った環境で、覗き見をするということがいかに容易で、また、現代のプライベートという枠が、いかに境界線が曖昧になっているか、ということをちょっと再認識させられた(メイキングでも言っていたけど)。

ティーン映画らしく、10代の男女の軽いノリのやりとりも多分にあって、個人的にそういうのが大好きなのでその辺りも満足。
また、キャスティングがかなりいい感じ。主人公は「トランスフォーマー」や「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のシャイア・ラブーフだし(大好き!)、そのお母さんは「マトリックス」のトリニティ役のキャリー・アン・モス(お母さん役がハマり過ぎて最初わからなかった)、ヒロインは可愛いし、主人公の男友達のアジア系の彼もいい感じ(好みかも・・・)。そして疑惑の隣人役のデビッド・モースがかなり良い!優しげなのに異様、という雰囲気が存分に出ていて存在感が抜群。やっぱりキャスティングは大事よね。その映画にどれだけのめり込めるかが全然違ってくる。ちなみに、大好きなシャイアくんは、今まで観たどの作品より一番ハマってたと思う。
それにしても、やっぱりアメリカの若者はXbox360で遊んでいるのね。そしてお母さんがTVのコードぶっち切るところは笑った。そこまでしなくても、トリニティ!

後で知ったのだけどこれの監督って「イーグル・アイ」の監督なんだね・・・。「イーグル・アイ」は駄作でしたがこちらは良作。オススメです。監督、さては脚本のチョイス誤ったな。

B001G9EBK4ディスタービア [DVD]
シャイア・ラブーフ, サラ・ローマー, D.J.カルーソ

角川エンタテインメント 2008-10-17
売り上げランキング : 8840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

2009年02月24日 19:24

日本ではすっかり「ハムナプトラ」シリーズとして定着してしまったが、原題は「MUMMY」。つまりこのシリーズのコンセプトは「エジプト」ではなくあくまで「ミイラ」。ちょっとそこ、勘違いしやすいのでヨロシク!というわけで、今回は舞台を中国に移し、古代中国の皇帝のミイラにまつわるお話です。

「インディのパチもの」とかさんざん言われちゃってるこのシリーズですが、管理人は個人的に大好きなんです、これ。似たようなアドベンチャー系の「ナショナル・トレジャー」シリーズなんかよりよっぽど面白い。
もちろんインディ・ジョーンズの系譜にあたる、ドキドキハラハラ、古代の秘宝を探して、笑いありアクションあり、なところはとても類似しているのだけど、このシリーズの一番の特徴と言えるテーマは「家族」。1で知り合った主人公リックとエブリンは、2で結婚していて子どもがおり、今回の3では成長して青年となったその息子アレックスとともに冒険に出かける。なんとも和やかな設定ではないですか。インディでもインディパパや息子は出てきたが、ここまで家族・血縁が前面に出た設定は珍しい。シリーズ通してのおっちょこちょい役(これがまたいい味出てる)、ジョナサンもエブリンの実兄だし。
そしてまた、この家族間の仲の良さが、なんともほのぼのしていて良い。夫婦は(いい年こいて)ラブラブだし、場違いなところで「家族会議よ!」などと騒いだりする。彼らにとって、家族=冒険に欠かせない大切なパートナーということがとても重要になっていて、思わず「家族っていいなあ」と心温まること必至。

映像は今どきのアドベンチャーらしく、いかにもなCGがてんこ盛りで、人によってはアレルギーを起こしかねないが、その過剰なまでのCGも何故かあまり気にならない。それはまるで現代のハリー・ハウゼンのような、映像で夢を語ろうとしている姿勢が前面に見えてくるからかもしれない。
今回の一番の見せ場となる、動く兵馬俑の大群が戦うシーンなどは、動きこそ滑らかなもののハリー・ハウゼンの動く彫像タロスなどを彷彿とさせるし、それに敵対するミイラ軍団は骸骨戦士のようだ。きっと現代の技術を携えてハリー・ハウゼンが映画をつくったら、こんな風になるんじゃないか、思わずそんな気がしてくる。
CGは出来の良し悪しだけじゃない。それを使って何を見せようか、ということが重要なのだ。

最近なかなかつくられない王道アドベンチャーというジャンル。インディや「ナイルの宝石」シリーズなんかで育った自分にとっては、子どもの頃の映画の原点を思い出させ、大人になった今でも子どもの頃に戻ったかのようなワクワク感を味わわせてくれる貴重な作品だ。
冒険と謎解き、モンスターと古代の秘術、ドキドキとワクワク、心温まる家族描写と程よい笑い、過剰なシーンは一切なし、これこそ子どもや家族と一緒に観たい、観るべき、万人におすすめできる映画だと思う。
やっぱり映画はこうでなくっちゃ。エンタテイメントとはまさにこういうことを言うのではないか。

難点を挙げると、まずエブリン役の役者さんが変わってしまったのが残念。前の人のほうが可愛かった。それはもう、めっちゃ可愛かったのに!!
また、息子登場により父親リックの出番が若干減ってしまったこと。なんとか見せ場は確保したものの、もっとリックを前面に出してくれたほうが良かったかな。やっぱり主人公なんですから。

内容はともかく、登場人物は1から時系列に沿って登場するので、1や2が未見の方は1から観るのをオススメします。1や2も面白いよ!

それにしてもブレンダン・フレイザーって、チャーミングな色気があっていいよね。顔はさっぱり好みじゃないのに、何故か大好きです。

B001IECYLAハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン [DVD]
ブレンダン・フレイザー, ジェット・リー, マリア・ベロ, ジョン・ハナ, ロブ・コーエン

UPJ/ジェネオン エンタテインメント 2008-12-19
売り上げランキング : 997

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

評価について

2009年02月24日 18:30

超個人的評価別カテゴリについて

★★★★★ =最高!!!
★★★★ =面白い!
★★★ =まあまあ
★★ =微妙かも
★ =駄目でしょう
問題外 =駄作中の駄作

普通のカテゴライズだと面白くないと思ったので(タグでカテゴライズはしているし)、なんとなくノリでつくった程度の評価項目です。
表題通り管理人の個人的な評価となりますので、必ずしもこれが絶対というわけではありません。人によって映画の好みは千差万別ですし、管理人の一個人としての感想程度に考えてください。

評価は比較的厳しめになっています。
目安としては★★★以上は合格点、★★★★で全く問題ナシの傑作(通常で最高評価レベル)、★★★★★は管理人が個人的にどツボにハマった作品にのみつけています。結果として★★★★★の絶対数は少なくなりますが、★★★以上はそれなりの良作だと考えて頂ければと思います。


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。