スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラーズ

2009年07月12日 18:58

元刑事のベンは、ニューヨークのとある建物の夜警として勤務し始める。そこは過去大火災に遭ったデパートで、今もなお当時の状態のまま残っている。ある晩、フロアに印象的に飾られた大鏡に触れたとき、ベンとその家族に悪夢のような出来事が次々と降りかかってゆく・・・。

タイトルそのまんま、鏡モノサスペンスホラー。火災に遭ったデパートに残された鏡の謎を解き明かしつつ、その鏡の中に潜む何者かと対峙してゆくというもの。主演はキーファー・サザーランド。観てないけど「24」で一躍有名になりました。でも個人的にはやっぱり「スタンド・バイ・ミー」の不良なわけで。その頃よりは老けたけど、顔はやっぱり変わらないのね、とか思いつつ。

焼け焦げたデパートの雰囲気やオカルトチックなギミックは、どうしても「サイレントヒル」を彷彿としてしまう。なんだか至るところで似たようなシチュエーションが満載。そのため目新しさ皆無。しかも鏡を使ったホラーだというのに、なんだかイマイチ一貫性がない。詳しく書くとネタバレしまくるので書きませんが、この映画内での「鏡」というものがどういう役割であり、どういう意味を担っているのかの理由づけがその場によってバラバラで、そのためストーリーに統一感が欠けている。「鏡」をテーマにしているからには、そこが一番重要なポイントな筈なのに、そこがバラけていて明確でないため、全体的に矛盾が残る。

タッチやテイスト>「サイレントヒル」のパクりっぽい
ストーリー>矛盾だらけ
というわけで、結論を言えばイマイチな出来。「鏡」という複雑なモチーフを敢えて使うのならもっと考えるべき。エンディングはそこそこ捻りが効いた演出だが、全体的な骨子が滅茶苦茶なので残念ながら全く引き立ってない。ちょっと違うがパラレルワールドものホラーで言えば、前述の「サイレントヒル」や「エルム街の悪夢」のほうがよっぽどよくできていた。

唯一斬新だったのは、某登場人物の殺され方。あれはなかなかショッキングでした。でもよく考えたら、誰かが殺されるシーンってあれともう一箇所しかないのか。ちょっと少なすぎない?(ホラーにしては)

そういうわけで、少ないけれどもグロ描写はがっつりあるのでグロ苦手な人は注意。
ただ、全体的なテンポや映像は特に問題ないので、矛盾さえ気にならなければ、そこそこ楽しめるかかもしれません。作品としてはかなり致命的な矛盾ではありますが。まあ、「ショッキングな殺されシーン」がどうしても観たい人じゃなければ、他にもっと良作ホラーはあるので、個人的にはそちらを鑑賞することをオススメします。

B0026OBVLAミラーズ (完全版) [DVD]
キーファー・サザーランド, ポーラ・パットン, エイミー・スマート, アレクサンドル・アジャ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2009-07-03
売り上げランキング : 248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

アストロノーツ・ファーマー

2009年05月10日 21:12

宇宙飛行士への夢半ばで、父親の農場を継ぐことになり挫折したチャーリー・ファーマー。しかしそれでも宇宙への夢を諦めきれず、家族の協力のもと自力でロケットをつくり、自分の農場から飛び立とうとする・・・

うーん、あらすじを見たときはかなり面白そうな予感がしたのだが、ちょっと期待外れ。農場で自作ロケットをつくり発射させる過程が丹念に描かれたSFドラマなのかと思えばちょっと違うし、じゃあ夢を忘れず宇宙へ飛び立つ男を寓話的に描いたファンタジーかと聞かれればそれも違う。あくまでテーマは「家族の絆」であり、子どもたちは可愛らしいし夫婦の信頼感もよく出ていて大いに結構なのだが、それだけではちょっと困る。だって主題が主題だ。農場から自作ロケットを飛ばすという、ある意味突拍子もない、途方もない話なのだから、やっぱり「家族の絆って素敵ですね」以上のものがないと、結局、語るべき「家族の絆」さえ薄っぺらなものに見えてきて、物語全体の説得力がなくなってしまう。

一番の失敗点は、リアル志向にするかファンタジーなのか中途半端なところ。リアル志向にするならば、例えばロケットの制作過程や燃料の供給手段など、現実的な部分をもっとしっかり描くべきだし、劇中多少出てくるようなFBIやNASAの妨害などももっとあってもいいようなもの。逆に、ファンタジーに徹するなら、そういった国や政府の妨害などは極力省き、あくまで夢を追い続けることの純粋さをもっと前面に出すべきだ。そのリアリティとファンタジー加減の混ざり方が、あんまりうまくいっておらず、結果、水と油を混ぜてしまったかのような、なんとも場違いな、どちらにも乗り切れない感が残る。

個人的にはもっとファンタジーな、寓話的な物語かと思っていたので、FBIが出てきたりと、現実的な描写が出てきたときにはちょっとげんなり。それならそれで、そっち方面をもっとしっかりと詰めて欲しかった。また、カメオ出演だかただの脇役出演だか知らないけどアノ大物俳優の登場も、全く別のSFアクション超大作を嫌でも彷彿してしまい逆効果。「俺は宇宙に行って地球を救ってきたぜ」とか言わなくて本当良かったです。その俳優さん自身は、ハリウッドスターでダントツナンバー1に好きなんですけどねー。うーん、色々惜しい作品。

B001FO0UQYアストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲 [DVD]
ビリー・ボブ・ソーントン, ヴァージニア・マドセン, ブルース・ウィリス, マイケル・ポーリッシュ

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) 2008-12-12
売り上げランキング : 24888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゾンビーノ

2009年03月15日 02:33

50年代アメリカで、核への脅威と畏敬の念から想像(創造)された、架空の核戦争後のパラレルワールドが舞台。メカのような要素がほぼ皆無なのを除けば、テイストとしてはいわゆるレトロ・フューチャーものである。
核爆発による放射能汚染で、死人が蘇りゾンビと化して歩き回るようになった。人類vsゾンビの、「ゾンビ戦争」が勃発したなか、偉大なるゾムコン社がゾンビにつける首輪を開発。その首輪をつければ、ゾンビの人肉を食べたいという欲求を抑え、従順なペット(というより召使い?)として手なずけることができる。そして世界は隔離された安全な街と、その外のゾーンと呼ばれる危険なエリアとに分断され、人々は街の中でゾンビを飼い(?)ながら平和に暮らしているのだった。

と、のっけからなんだかダイナミックな書き方をしてしまいましたが、これは映画の冒頭で一気に説明されるもので、作品の内容自体は平和な50年代テイスト溢れる街での少年とゾンビの心温まるハートフルストーリーです。ううむ、自分で書いてて意味がわからん。とにかく終始ほのぼのしてます。

この世界ではゾンビを飼うことが一種のステイタスらしく、主人公のいじめられっこ少年ティミーの家にも、見栄っ張りのママ(またキャリー・アン・モス!「ディスタービア」といい、お母さん役ばっかりやり過ぎだから!)のたっての願いでとうとうゾンビがやってきた。ソンビに「ファイド」(この映画の原題)と名づけ、徐々に心通わせるゾンビとティミー。そこに色々ハプニングが起きて・・・。みたいな、もう、至って普通のお話です。そう、普通過ぎる。この物語の大前提である「ゾンビを飼う」という概念を除けば。

この作品の大前提な「ソンビを飼う」という概念はブラックジョークに溢れていてとっても面白い。だけどなんだか物足りない。むしろ若干途中でダレ気味。何故なら、そこを除けば全てがありがちで、容易に想像できる内容でしかないからだ。
随所にゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロのオマージュのような雰囲気を匂わせたり、ティミーに「ゾンビは生きているの?死んでいるの?」と、思わせぶりな発言をさせていたりするのに、そこに関しての掘り下げは一切ない。せっかく「ゾンビを飼う」という面白い設定をしているにも関わらず、面白いポイントはその設定だけで、内容には全く絡んで来ない。観ていて「これゾンビじゃなくて犬とかでも成立するよね・・・」とか思ってしまった(厳密には成立しないけど)。

例えばロメロのオマージュを匂わせるのなら、ロメロが終始ゾンビ映画のテーマとして掲げる「殺生」について、更に裏返したようなブラックジョークを入れて欲しかったし、ティミーに思わせぶりな発言を冒頭からさせるなら、そこについてのきちんとした答えが欲しい。少年とゾンビが和気藹々としているのは、最初は観ていて面白いが、それだけで終わってしまっては観ているこっちが困ってしまうというもの。せっかく犬ではなくゾンビなのだから、ゾンビならではの観客の裏をかいたような演出が欲しい。でなければ犬と少年の心温まるハートフルストーリーとなんら変わらないではないか。そんなのディズニーに任せとけ。

そもそもこの映画を観るという時点で、相当のゾンビ映画ファンか物好きかに限定されるのだから、その辺りの「コアなファン」のニーズに応えるような内容にしなくては駄目だと思う。内容は至って心温まる普通のお話です、でもゾンビが人を食いちぎるシーンもあります、じゃ、一体どんな観客層が観て楽しめるというのか。自分が単純に「コアなファン」に含まれるせいかもしれないが、とにかく何の仕掛けやどんでん返しもなく、全てが予想通りの範疇のまま終わったときには、正直ガックリきた。設定が興味深いだけに残念だ。

本当のブラックジョークやしょうもなさ、くだらなさから来る面白さというのは、つくり手側の本気度で変わってくると思う。つくり手側が本気でやっている熱が伝わって来れば来るほど、「こいつこんなしょうもねーことに本気だよ」みたいな面白さが、自然と伝わってきて笑えるというもの。今作にはそれが足りない気がする。設定が既に面白いから、あとは普通にやってても面白いよね、という、悪く言えば手抜き感が伝わってきて、結果としてあまり笑えるシーンもない。もう少し工夫や観客に向けてのサービス心があればずっと良くなっただろうに。もったいない作品。

ちなみに、ゲームの話ですが最近までやっていた「Fallout 3」というゲームの設定が、この映画の設定と酷似していて(ゾンビではなく、50年代アメリカテイストの核戦争後の崩壊した世界という点)、冒頭のゾムコン社のプロモーションムービーなんかこのゲームのトレイラーとテイストがソックリで、なんだか最初そのゲームのことばかり考えてしまった。そっちは完全なレトロフューチャーもので、放射能入りのコーラ的飲み物「ヌカ・コーラ」(ヌカ=ニューク=放射能)が出て来たりと、ブラックジョークという点では完全に上を行っていた。まあゲームと映画は違いますけど。興味がある方は公式サイトの「映像」から「予告編ムービー Part2」というやつを観てみるとよろし。

B00148S74Sゾンビーノ デラックス版 [DVD]
クサン・レイ, ビリー・コノリー, ヘンリー・ツェーニー, ディラン・ベイカー, アンドリュー・カリー

ジェネオン エンタテインメント 2008-04-23
売り上げランキング : 8435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オープン・ウォーター

2009年02月26日 06:14

リゾートにバカンスに来たカップルが、ダイビングのツアーに参加したものの、船に置いてきぼりを食らっちゃってどうしよう、という実話に基づいた(本当なの??)お話。

とりあえず一言。ダイビングこええ!そして、海ってやっぱり怖い!(綺麗だけどね)

いかにもなB級風味漂うバカップルのパニック映画かと思いきや、ビデオ撮影+手持ちカメラのドキュメンタリテイストな作品でちょっと意表を突かれた。特典でついてた予告編を観ると、サンダンス出だというから納得。通りで低予算、素人っぽいわけだ。

良くも悪くもそのドキュメンタリタッチのせいで、妙な生々しさがあり(冒頭で「実話に基づく・・・」とか出てたせいもあり)、正直観ていてげんなり。終わったあとはもっとげんなり。ダイビングやってる人が観たら更にキツいかもしんない。監督は海が嫌いなのか?笑
ただ、ドキュメンタリタッチを意図してか、単に低予算だからかわからないが、撮影やカットのつなぎ方などがイマイチで、そのせいでテンポがあまり良くない。それがある意味リアルさを引き立ててもいるのだけど、個人的にはもうちょっとテンションの高い(=山場などがちゃんとあり)、エンタメっぽさがあったほうが楽しめるんじゃないかと思った。わざと狙ってるのかもしれないけどさあ。

それと、海に取り残されるということで、主役のカップル2人だけのシーンが大半を占めるわりには、あまり2人のキャラクターについての描写がないのが残念。もちろん海に2人取り残されたことで、些細な諍いがあったりとかそういうシーンもあるのだけど、もっとそういった、極限状態の心理描写を見せても良かったような気がする。そういう部分が意外とあっさりしているので、パニック=人間のエグい部分が見えちゃって・・・といった、期待していたようなシチュエーションはそこまでなく、物足りない感がややあり。

それでも海に取り残されて・・・という絶望感は絶大。そこが狙いならひとまず成功してる。とりあえず何度も観たくないです、精神的に来るので(笑)。泳げない人、もともと海が嫌いな人は確実に観るべきじゃない。あと、カップルでダイビング行く人は行く前に観ないように。サメが出てくるパニック映画で楽しみたい人は、素直に「ジョーズ」を観るべきだ!

2の予告編が面白すぎて興味が出て、それなら1から観ようと思って観たんですが、似たようなシチュエーションということですぐに2を観る気になれません。ちなみに2の予告編は、映画の内容云々じゃなくて予告編そのものが面白いという代物です。あれ(予告編)は必見。

B000A16D2Sオープン・ウォーター [DVD]
クリス・ケンティス

ポニーキャニオン 2005-11-16
売り上げランキング : 19416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハンコック

2009年02月07日 01:38

ダメダメなスーパーヒーローハンコックのお話。

前半、スーパーヒーローな力を持ちつつも、あまり人々に愛されていないハンコックの姿はある意味リアルで面白い。実際スーパーヒーローがいたらあんなもんかもしれない。コスチュームを着る必然性も全くないしね!(バットマンとかスパイダーマンみたいな生身なヒーローは除く)
ちなみにハンコックの能力は、ほぼスーパーマンと同様と思って頂ければ。
後半になり、意外な展開とともに話は一気に進む。どうやって話を進ませるのかと思いきや、意外としっかりプロットがあったのね(失礼)。そしてストーリーも一気にシリアスに。と同時にちょっとテンション下がり気味。若干こじつけ?なところもあるし。

個人的には前半のダメダメハンコックをもっと観ていたかった。今までのヒーローもののブラック・パロディのようで痛快で良い。ちゃんとオチや意外な展開があるところは評価するが、若干尻すぼみなのは否めない。次回作に期待・・・って、これじゃ次回作は普通のヒーローものになっちゃうしなあ。

ポップコーン食べながら気楽に楽しむには最適。過剰な期待はしないほうがいいかも。前半部は楽しくってしょうがないけどね!

B001KEM0DAハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
ウィル・スミス, ジェイソン・ベイトマン, シャーリーズ・セロン, ピーター・バーグ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-01-28
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。