スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビルズ・バックボーン

2009年06月03日 00:24

先日観た「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」に引き続きギレルモ・デル・トロ作品。そういえば観てなかったので。2001年製作のスペイン映画。

1930年代スペイン内戦下、人里離れた荒野に建つ孤児院に、一人の少年がやってきた。彼の名はカルロス。内戦で両親が戦死したのでここへと連れて来られたのだった。到着したその夜から、怪しげな声や人影を見るカルロス。どうやらこの孤児院には幽霊が出るという噂が。そして、彼のあてがわれた12番ベッドをかつて使っていたという、サンティという少年とは・・・。

「パンズ・ラビリンス」と同様、スペイン内戦下を舞台にした、ギレルモ・デル・トロ作品のなかではシビアな系統に入るストーリー。どうやらデル・トロって、「ミミック」や「ヘルボーイ」のような、軽快なアクションに持ち味のビザールさを潜り込ませたエンタメ路線と、今作や「パンズ・ラビリンス」のような、重い現実をファンタジーと融合させた、シリアス路線の二つの路線があるようだ。自分は「パンズ・ラビリンス」で一気にヤラれたクチなので、こういったタッチのほうが好き。なので、大変満足でした。デル・トロ作品のなかでは「パンズ・ラビリンス」に並ぶぐらい好きかも。もちろん「ヘルボーイ」も好きだけどね。

お話は一言で言ってしまえば幽霊ものなのだけど、普通のホラーと思って観ると拍子抜けしてしまうだろう。メイキングで監督自ら語っているとおり、本作はファンタジーであり、そしてそのファンタジーを引き立たせるような重厚な人間ドラマが一番の主軸なのだ。怖いというよりは、悲しい。そんな趣は、後に「パンズ・ラビリンス」を撮る監督の、一貫した主張を伺わせる。「デビルズ・バックボーン」という、いかにもなタイトルに惑わされるなかれ。

ファンタジーとは何なのか、という、「パンズ・ラビリンス」で突きつけられた主張がこの映画にも込められている。過酷な戦時下、しかし、その戦争は大人たちが起こしたもので、子どもたちはいつもその犠牲となり、振り回されている。そんな汚い大人の思惑と、純粋がゆえにそれへと立ち向かう強さを持つ子どもたち。それは、手段や状況こそ違えど「パンズ・ラビリンス」の主人公の少女と同じだ。そして、物語は「パンズ・ラビリンス」とは対称的な終わり方を迎える。まるで対になった物語のように。
デル・トロの凄いところは、その過酷な現実への、ファンタジーという非現実的要素の絡ませ方だ。ファンタジーとは時として明るく楽しいものばかりではない、そしてそのファンタジーを生み出すものも結局は人間であるということ。そして現実を動かすのも、結局は人間の感情以外の何者でもないということ。幽霊は、そこにいるけれども、何かを起こしているのは結局人間なのだ。
そういった大人のエゴが存分に描写され、それと対称的に子どもたちの純粋さが引き立っている。この監督は子どもの描き方が上手いなあとつくづく感じた。そして、その周りを取り巻く大人たちのドラマも奥深い。

全体的に地味なお話だが、それでもデル・トロっぽい美術の秀逸さは健在。まず、何と言っても幽霊の表現がいい。そして、タイトルにもなったホルマリン漬けのアレとか、義足の院長など、不穏さを掻きたてるガジェットも豊富だ。メイキングを観ると、ここでも極力CGを使わずアナログでつくり上げているらしく、デザインまで監督自ら手がけているとのこと。そういったセンスがあればこそ、この重厚なファンタジーにも説得力が生まれているのだろう。

ただのホラーと侮るなかれ。ホラーやファンタジーと綿密に絡み合わせた、現実の過酷さを描く、悲しい人間模様を描くドラマだ。

B000657N5Eデビルズ・バックボーン スペシャル・エディション [DVD]
エドゥアルド・ノリエガ, マリサ・パレデス, フェデリコ・ルッピ, フェルナンド・ティエルブ, ギレルモ・デル・トロ

アスミック 2004-12-10
売り上げランキング : 30530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

2009年06月01日 00:33

異界から召還された角の生えた真っ赤な赤ん坊、ヘルボーイ。彼を保護し育てあげたブルーム教授率いるアメリカの極秘組織・超常現象捜査防衛局(B.P.R.D.)のメンバーとして、仲間とともに極秘の任務にあたるヘルボーイの、新たな活躍を描くシリーズ第2作目。

遥か昔、エルフと人間との戦いのなかで、エルフの王の命令でつくられたゴールデン・アーミー(黄金軍団)。しかし、その強大さと冷徹さに、エルフの王は自らゴールデン・アーミーを封印し、それを復活させる力をもつ王冠を3つに分けて、2つはエルフに、1つを人間に預ける。しかし現代、その王冠の1つが何者かによって奪われるという事件が起き、その捜査にヘルボーイや半魚人のエイブ、発火能力を持つリズなどB.P.R.D.のメンバーがあたることになる。

原作はマイク・ミニョーラのアメコミ。ただし、この原作、他のバットマンやスーパーマン、スパイダーマンなどと違って、かなりアート色の強いシリーズだ。タッチはどちらかというと「シン・シティ」に近い。また、ラブクラフトのクトゥルー神話や、その他オカルトの、それもかなりディープな要素をふんだんに含んでいるため、そういった一種マニア向けの趣がある(ちなみに自分はそこまで詳しくありません)。
そんな、キャラクターのビジュアルの突飛さにしてはディープな世界観を持つ本作だが、原作を比較的忠実に映像化した前作と違い、今作は完全にオリジナル作品となっている。そのため、オカルト要素を比較的排除した、どちらかといえばファンタジー寄りの、誰にでも楽しめる一流の娯楽作として仕上がっている。もちろん、原作を読んでいたり前作を観ていたりして、ヘルボーイの世界観をある程度理解していれば、より一層楽しめることは確かだ。

監督は前作に引き続きギレルモ・デル・トロ。「パンズ・ラビリンス」の衝撃もまだ新しい、メキシコ出身の監督だ。ちなみに「パンズ・ラビリンス」は間違いなく傑作なので必見。ゴシック・ビザール調のホラーを得意とする監督だが、その映像の耽美的美しさは他に類を見ない。しかも、しっかりとしたエンタテイメントとして遊びのあるなかで、その映像美を共存させてしまうのだから凄い。
今シリーズも同様で、テンポよく笑いやアクションを織り交ぜつつ、ところどころにハッとするような造形の美しさがある。特にクリーチャーの造形は独特で、何ともいえない不気味さと美しさ、そして愛嬌をそなえ、デル・トロ美のファンならそれだけでお腹いっぱいだろう。トロール市場のシーンなどは、隅々までずっと観ていたいぐらい楽しい。
デル・トロの造形として特筆すべきなのは、あまりCGなどに頼らず、極力特殊メイクでまかなっていることだ。そのため、一昔前の着ぐるみのようなチープさと、生身の人間が演じる生々しさがあり、何とも独特の雰囲気になっている。そもそも主人公のヘルボーイや相方のエイブなど、メインキャラクターが極彩色の特殊メイクバリバリなので、最初観たときは最近珍しいそのチープさに度肝を抜かれるかもしれないが、何故か徐々に慣れていくから不思議だ。ひとつには、全てがそういった雰囲気で統一され隙がないこと、そしてそういった異形のものたちのほうがより人間らしく描かれているからだろう。このへんに、監督の「異形への愛」を感じてならない。(ちなみに「異形への愛」といえばティム・バートンだけど、そっちとはまた違った「異形」感なんだよなー)

また、このシリーズの一番の魅力は、それぞれのキャラクターの強烈な個性だろう。葉巻をくゆらせかっこつけているけど中身は子どもな「子どもおじさん」ヘルボーイと、知的で憎めないエイブ、そしてそんなヘルボーイとの関係を、唯一見た目は普通の人間として育んでゆくリズ。そして、今作から登場する指揮官ヨハン・クラウスのキャラクターもいい。ちなみに自分はヘルボーイ役のロン・パールマンの大ファンなのだけど、この人は本当にハマり役だと思う。体格も顔もそのまんまなんだもの(笑)

最近はアメコミ原作映画のラッシュで、様々なものが映画化され、中には外れもあったりするが、正統派ヒーローものの「スパイダーマン」、リアリティ溢れる暗さでリニューアルされた「バットマン」、これまたリアル系おじさんヒーロー「アイアンマン」、などと比べても、この「ヘルボーイ」はかなり特殊な部類に入るだろう。上記の「スパイダーマン」などのような、いかにもヒーローが大活躍する物語を想像すると、ちょっと拍子抜けしてしまうかもしれない。しかし、どちらかというとファンタジー寄りだと思って、その独特の造形美を堪能すれば満足できることは間違いない。ちなみに、自分はアメコミ原作のヒーローもののなかでは一番好きなシリーズだ。
今作は、オカルト要素を減らしてしまったせいで原作のもつディープな雰囲気がややなくなってしまったのが残念だったが、その代わりデル・トロ節を思う存分堪能できたので大いに満足。それと、ヘルボーイが猫好きな設定のせいで、相変わらず猫がたくさん出てくるのがイチイチ可愛くて嬉しいです(そして驚きの演出も・・・ 笑)。

B001WBXL2Aヘルボーイ ゴールデン・アーミー リミテッド・バージョン [DVD]
ロン・パールマン, セルマ・ブレア, ダグ・ジョーンズ, ルーク・ゴス, ギレルモ・デル・トロ

UPJ/ジェネオン エンタテインメント 2009-05-22
売り上げランキング : 99

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4861765935ヘルボーイ:闇が呼ぶ (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)
Mike Mignola Duncan Fegredo 関川 哲夫

ジャイブ 2008-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スピード・レーサー

2009年03月17日 22:06

まず最初に謝っておきます。ゴメンナサイ、完全にナメてました。面白かったです。
予告編を観る限り、毒々しい原色のモロCGベタベタな映像と、子ども騙しのような嘘くさい世界観とで、「絶対これ酷い出来だろうな」と勝手に想像していた。でも「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟の監督の新作だし、一応、念のため、観るだけ観ておこう、と。そしたら予想外に面白くてビックリ。全く期待しないで観たせいもあるとは思うけど。

日本の昔のアニメ「マッハGoGoGo」(タツノコプロ制作)をかなり忠実に実写映画化した作品。若き天才レーサー、スピード・レーサー(←これ名前だから!)が、レース界の裏に潜む陰謀に立ち向かうため、家族や仲間と力を合わせて過酷なレースに挑戦してゆく姿を描く。

と、まずここで先に言っておきたいのが、自分、この「マッハGoGoGo」が原作だって知らなくて観ました。しかも原作の「マッハGoGoGo」も、主題歌ぐらいはなんとなく聞いたことあるけど、全然観たことなく、内容もサッパリ知りませんでした。最後のエンドクレジットで、これが原作だと初めて知り、後から調べたらキャラクターデザインやマシンデザインなど、かなり原作に忠実なことがわかり、たぶんこの原作アニメを好きだった人なら相当楽しいんだろうなあ、と思った。でも何も知らなかった自分でも充分楽しめたので、それはそれで、よく考えたら結構凄いことなんじゃないかと。だってこんな異色の、オタクっぽさ全開の映画が、一見さんでも充分楽しめる出来になっていることってあんまりない。そこはさすがウォシャウスキー兄弟というか、エンタテイメントのツボをしっかり心得てらっしゃる。
オタクっぽさ全開で好き勝手やってるのに、何故かしっかりしたエンタテイメントとして万人受けする出来に仕上がっているというのは、傾向は違えど「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンを彷彿とさせた。そうかそうか、ウォシャウスキー兄弟はこれが撮りたくて「マトリックス」シリーズをつくったのね。そんな監督の猛烈な愛を感じさせる。異端な見た目のせい(?)で日本ではあまりヒットしなかったが、これこそ日本でこそ観て欲しい作品なんじゃないか。日本への愛を込めたオマージュが超大量に入っているよ!あくまでオタク的にだけど・・・ 笑

最初、(ある意味想像通りではあるが)原色バッキバキのCGバッキバキの、つくりものめいた世界観に面食らうも、観続けていると徐々に慣れ、すぐに気にならなくなった。確かにレースシーンなど、CGだらけで実写なのかアニメなのか訳がわからなくなるシーンは多々あれど、全てがそのテイストで統一され、ブレがないため「そういった世界」であるとすぐ許容できてしまう。例えばあくまでリアルな映像に合成されたCGがちゃっちいときは「あーあ、やっちゃった」的痛さしか感じないが、全てがちゃっちく非現実的なこの映画では、逆にそういうものだと思えてしまうから不思議だ。そしてもはや、「映画」なのか「アニメ」なのか「コミック」なのかの境界すら曖昧になり、そこを納得できたとき俄然面白くなってくる。「映画」だと思い込んではいけない。これは「新しい何か」なのだ。この感じは「シン・シティ」や「トランスフォーマー」を観たときに感じたものに通じるものがある。

それでも物語の大半を占める苛烈なレースシーンなどはしっかりハラハラドキドキさせ、あくまでエンタテイメントとしての質は保たれている。かと思えば「ニンジャ」や日本風のギャグなど日本オタクで有名な監督のやりたい放題を随所に感じることができ、なんとも贅沢なつくり。日本の少年少女なら、昔子どもの頃にTVアニメを観て妄想したであろうシーンが、映像としてビジュアル化されているのを観たときには笑った。監督はまるで日本の子どもみたいだ。

自分のように、TVアニメや漫画を見て育った「典型的な日本のオタク」世代ならば、それを海の向こうから愛し、ふんだんにお金をかけて映像化してしまったこの作品を楽しめない筈がない。何故なら何か、嬉しい気持ちにさせられるから。自分たちの基盤となっているものを、国や文化は違えど好きなんだよー!という監督のメッセージを強く感じることができるからだ。自分の好きなものを好きと言ってくれる人を嫌える筈がない。
ただし、特にアニメや漫画に興味がなく、オタク要素が皆無な人には、ただのギラギラCGの子ども騙しのヘンテコ映画になってしまうかもしれない。結局、監督が愛する物を共有できる人でないとその面白さは真に感じられないだろう。そういう意味では「オタク映画」であることは間違いないので、まあ、オタクじゃない人は観てもつまらないかもね。

最後のエンドクレジットの主題歌も、原作アニメの主題歌をラップ調にアレンジしていてかっこいい。サントラ欲しいぐらい。あとサル可愛い。エンドクレジットのサル必見(可愛いから)。

B001AQYQ1Cスピード・レーサー 特別版 (2枚組) [DVD]
エミール・ハーシュ, クリスティーナ・リッチ, ジョン・グッドマン, スーザン・サランドン, ウォシャウスキー兄弟

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-11-19
売り上げランキング : 1431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レミーのおいしいレストラン

2009年03月05日 19:25

ネズミなのに料理が大好きなレミーと、料理の苦手な見習いシェフ、リングイニが出会い、おかしなコンビで一流のシェフを目指す・・・。という、ピクサー制作の3DCGアニメーション。

最近数多く制作される3DCGアニメーションだけど、やっぱりピクサーは違う。ドリームワークスが「シュレック」シリーズなんかで少しひねくれた味わいで人気を出しているなら、ピクサーはあくまで王道、正統派でもって、最高峰のクオリティを常に保ち続けている。それは3DCGの技術的な面だけでなく、ストーリーやキャラクター、アニメーションが見せ得る全ての部分に関して常に完璧で、それによってピクサーの地位を不動のものにしている。

この作品は一見ニモやウォーリーなんかと比べると地味な雰囲気だが、それでもピクサーは手を抜くことはない。逆に、「料理」という、今までにないテーマを提示したことで、他にはない作品に仕上がっている。

まず、3DCGで描かれる料理や食材の美味しそうなこと。タッチはネズミから人物まで全てデフォルメされているのだが、その世界観を崩さず料理の質感や香りまで感じさせるのは、実写の映像よりどれ程大変なことか。そのデフォルメの度合いがピッタリで、逆に3DCGでしか見せられない不思議なリアリティが出ている。個人的に良かったのは、人物キャラクターの手の造形。いかにもなデフォルメキャラクターなのに、手に関しては絶妙なリアルさがあり、料理をする際にそれがとても引き立つ。やっぱり料理人は手先が大切だもんね。
また、作中のシーンのほとんどは、リングイニの勤めるレストラン(特に厨房)で展開されるのだが、そのシンプルなシーン構成でも全く飽きることがない。厨房の慌しい様子はコミカルではあるがよく雰囲気が出ていて、次々料理がつくられる様子はなんともわくわくする。
ストーリーはディズニーのアニメらしく、ワクワク、ハラハラ、笑いと感動あり、の程よいバランスで、最後まで飽きずに楽しめ、また、終わったときは笑顔になれる。もちろん子どもが観るのにもとってもおすすめ。だけど、このお話は、意外と大人向けなような気がしなくもなかったり。まず料理というテーマ、そして働くという感覚、恋愛要素もあるし(お姫様と王子様、ではなく普通の男女の恋愛な感じ)、何より最後のまとめ方がいい。これ以上はネタバレするので実際に観てください。

とにかく、個人的にはニモよりこちらのほうがよっぽど好きかも。邦題がいかにもなお子様向けっぽいが、大人のほうが観て欲しい。ちなみに原題は「RATATOUILLE(ラタトゥーユ)」だ。
また、普段映画を観る際は必ず字幕で観る自分だが、今回は珍しく吹き替えで鑑賞。こういったアニメーションは画面に集中するためにも吹き替えのほうがいいかも。こういう大手のアニメは吹き替えも秀逸なので、そこまで煩わしさもない。声だけでなく画面内の新聞記事の文字まで日本語になっていたのは軽く驚いた。
また、ピクサーらしくエンドクレジットで流れるモーショングラフィックスも洒落ていて良い。音楽にもマッチしている。

難点を挙げれば、主役のレミー以下登場するネズミたちは、デフォルメされているといってもミッキーマウスほどではないので(毛がフサフサしているし、尻尾や体型、色も比較的リアル)、ネズミ=不潔な生き物、の認識がある人は、そのネズミが厨房にいたり、ましてや料理したりするシーンはちょっと見ていてツライかも。自分もつい繁華街のゴミ捨て場に徘徊するドブネズミを思い出してしまい、それを鑑賞中に忘れようと必死になることが何度かあった。アニメだからとあくまで割り切って観るべし。

B000W494A6レミーのおいしいレストラン [DVD]
ルー・ロマーノ, ブラッド・バード, パットン・オズワルト, イアン・ホルム

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2007-11-14
売り上げランキング : 1029

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プラダを着た悪魔

2009年02月28日 01:52

ジャーナリストを志すファッションにとんと興味のない女の子、アンディが、超一流ファッション誌「ランウェイ」のカリスマ鬼編集長ミランダのアシスタントとして採用され、理不尽で意地悪なミランダを嫌いつつも、徐々にその業界へとはまってゆく様を描く。

ダサダサな女の子(だけどもちろん映画なので中身はとても可愛い)がどんどんオシャレになって仕事で成功してゆく現代のシンデレラ・ストーリーと言えばそれまでだが、そこまで単純なお話でもない。むしろ「女性が仕事をすること」、もっと突き詰めれば「働くということ」というテーマが前面に出ていて、女性であり仕事をしている自分としては、業種や環境は違えど異様に感情移入してしまい、それ故感じることがたくさんあった。とりあえず働く女性は必見。働く女性にありがちな悩みや葛藤、仕事に熱中しすぎてプライベートが疎かになってしまう感覚、そういったものが見事に詰め込まれている。また、主人公の上司であるミランダの言葉からは、「働くということ」そのものに対しての、ひとつの答えを感じとれる(それを正しいととるかは人それぞれだけど)。
終わり方は自分にとってはちょっと微妙。でもアンディはそう決断した。そんな感じ。ここでも、人それぞれ、自分自身の考え方を再認識させられると思う。そういう意味ではとても良かった。
また、ミランダ役のメリル・ストリープがとてもいい。抑えた口調で、シンプルに言葉を発し、業界ではカリスマ的存在だけど、そんな彼女も家庭を持つ一人の女。ただの嫌味な上司じゃない、そういう感じがとても出ていてハマリ役。

もちろん当初のイメージ通り、オシャレなファッション、ニューヨークでのライフスタイル、そういう描写も目白押しなので、それだけが目当てでも充分楽しめる。だけどそれだけで終わっていない。久々に後に残る映画を観た。オススメです。

B001EI5M28プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-10-16
売り上げランキング : 1166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。