スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

2009年04月28日 00:15

個人的に超敬愛というか崇拝してやまないゾンビ映画界の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督のライフワーク、ゾンビ黙示録シリーズ(と勝手に命名)待望も待望の第5弾。そんなわけでもちろん劇場公開時に観たんですが、DVDがレンタル開始したので再度観ました。うーん、何度観ても考えさせられる!最高!!

このロメロ監督のゾンビ黙示録シリーズとは、1968年に公開されカルト映画として熱狂的ファンを獲得した「ナイド・オブ・リビングデッド」から始まり、1978年の「ゾンビ(原題:Dawn of the Dead)」、1985年の「死霊のえじき(原題:Day of the Dead)」とほぼ10年おきというペースで続き、更に20年という時を経てようやく2005年、待望の第4作目「ランド・オブ・ザ・デッド」が公開された。それにつづく第5作目が本作「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」ということになる。この驚異的な長さの制作ペースから、今作の公開が、ファンにとってどれだけ待望のものだったかということがおわかり頂けるかと思う。(まあ、前作から今作までは3年程のスパンしかなかったけど)
また、現在既に1ジャンルとして確立された「ゾンビ映画」のセオリー、基盤を最初につくったのもロメロである。「ゾンビ」という言葉そのものを一般化させたのもこの人だ。

そんな「ゾンビ映画界」の頂点に君臨する(←大げさ?)監督の最新作。ちょうどつい最近、そのロメロの「死霊のえじき」のリメイクと謳った「デイ・オブ・ザ・デッド」を観たところだった。この「デイ・オブ・ザ・デッド」も、リメイクと言うにはほど遠いとはいえ、B級ホラーとしてそれなりの出来だった。でも、やはり同じ題材「ゾンビ」を扱うにしても、ロメロ作品は格が違う。もう、次元そのものが違うのだ。

過去のゾンビシリーズのタイトルが「ナイト・オブ・リビングデッド」=「ゾンビの夜」→「ドーン・オブ・ザ・デッド」=「ゾンビの夜明け」→「デイ・オブ・ザ・デッド」=「ゾンビの日(?)」→「ランド・オブ・ザ・デッド」=「ゾンビの国(?)」と来ているように、このシリーズは、それぞれのストーリーの直接的なつながりはないものの、被害(死人が蘇る)の規模が徐々に大きくなっていった世界が舞台になっている。1作目で死人が蘇り一軒家に篭城する話、2作目でもっと各地で死人が蘇りショッピングモールに篭城する話、3作目で世界中で死人が蘇り、生存者が地下に篭りゾンビを研究している話、4作目で更に事態が進み、世界中でゾンビがウロついているなか、生存者も頑丈な柵で覆った都市をつくり、ある意味共存している世界を描いている。
つまり、ロメロゾンビ映画の特徴は、そうやって段階を経て、様々なシチュエーションを描きながら、ゾンビ=死者が蘇ることとは何か、もっと言えばその蘇った死者と生きている人間との関係性を、常に鋭く考察していることにある。それゆえ作品には必ず社会的批判を込めた強いメッセージ性があり、その点が他のただの娯楽作品であるゾンビ映画と一線を画している。もはやただのゾンビホラーではなく、社会派作品に近いと言ってもいい。だけどあくまで作品の主体はゾンビ=架空のモンスターで、ホラーというエンタテイメントの体裁は保ちつつ、だからこそその直球とも言えるメッセージが違和感なく浸みとおる。その手腕には脱帽だ。

そんなロメロゾンビ映画のテーマは、常に「人間」。ゾンビという蘇った死者、つまり元は同じ人間だった「もの」と対峙させることで、罪深い人間の業をえぐり出す。今作ではそれに、最近のネットでの個人動画アップロードなどの風潮を含めた「報道」とは何なのかという要素を絡めている。

映画の手法は最近流行りのPOV。「ブレアウィッチプロジェクト」で話題になり、最近何故か「クローバーフィールド」「REC」など、立て続けに同じ手法の作品がつくられている。POVとは、誰かが撮影したという設定の、似非ドキュメンタリータッチの、手持ちカメラで一人称視点の映画のことだ。
「ブレアウィッチ~」も「クローバーフィールド」も「REC」も観たし、それぞれとても面白かったが、今作はそれらのPOVとは一味も二味も違う。まず、撮影者でもある主人公たちが全員大学の映画学科の学生で、そのためある程度撮影の基礎ができていること。また、冒頭にナレーションが入り、これが彼らの手で効果音やBGMなども加えられた、編集済みの作品であるということもわかる。この点は大きい。今までのPOV作品だと、それで、これは結局何なの?という、劇場で観ているこの映画はドキュメンタリーなの?映画なの?という、最後の最後の詰めが曖昧だった。だが、これは冒頭で「作品」であるとはっきり明言しているため、こういうモノがあると最後まで納得できる。最後まで似非「ドキュメンタリ」の体裁が保てているのだ。そして、最大の違いは、POVという設定そのものを作品のテーマと絡ませているということ。この作品ではPOV以外の手法は考えられないし、POVだからこそ、成り立つ作品なのだ。そこが他の作品と格段に違うし、この作品の完成度を大きく上げている。
また、撮影の経験者の撮影という設定や、編集されているという設定のため、通常のブレブレガクガクのPOVより遥かに観やすい。画面酔いしやすい人もこれなら安心だ。

物語は突然死者が蘇り、人を襲い始めるニュース映像から始まる。卒業課題のホラー映画を撮影していた主人公ジェイソンら一行は、何が起こったのかわけがわからないまま、仲間のトレーラーで学校を離れるのだが・・・。
何が起こったかわけがわからないまま、ただ「家に帰りたい」という心境、ゾンビを人だと思いトレーラーで撥ねてしまったときのショック、そういった彼らの心情はとても丁寧に描かれ、POVということも手伝ってあっという間にその世界に観客ははまり込んでしまう。昨今のゾンビ映画は、それが既にジャンル化しているせいもあり、観客側も、つくり手側さえも「死者が蘇り人を襲う」ということを当然のように受け流している作品が殆どなのに対し、その変移の過程をしっかりと描いているのはさすがロメロといった感じ。
そして、その変化をきっちり描くことで、人間のエゴとも言える部分をあからさまにしている。最初はゾンビを撃つことに抵抗があった彼らが、徐々にそれに慣れてゆき、なんとも思わなくなる。残酷だと思われた行為に、徐々に麻痺していく感覚。そしてそれは銃をカメラに置き換え、撮影し、レンズを通して全てを観ることで「傍観者」となることをも痛烈に批判している。英語で「Shoot」は銃を撃つことと撮影すること、両方を意味しているところも興味深い。

今回2度目に観ていて気付いたのは、途中でカメラが2台になり、俗に言う「2カメ」状態になるのだが、主人公で常に撮影し続けるジェイソンを除く1台を、彼らのメンバーの別の1人が撮影することになる。その際に、最初カメラを渡され嫌々だった彼らが、徐々に積極的に撮影するようになるということ。当初撮影を続けるジェイソンに批判的だったメンバーですら、カメラを渡され最後には回し続けるようになる。
これは、カメラの魔力だと思った。嫌なのに押し付けられ、嫌々レンズを覗く。すると、その途端「傍観者」になれる。傍観者は楽だ。目の前で起こっている残酷な出来事も、レンズ越しになら「消費」するだけでいられるのだから。人間の本能とも言えるレベルでの自己防衛なのか、レンズを覗くことそのものに宿る魔力なのか、カメラを渡されたら、覗かずにはいられない・・・。その感覚が、痛いほど伝わってきた。残酷なことに直面するとき、自分の身をどうやって守るのか。それは奥深いところで、カメラを向けることと銃を向けることが繋がっているような気がして、ただ、恐ろしい。だって、カメラを向けることも銃を撃つことも、その相手は「対象」に過ぎないのだから。

そんなわけで、初めて観たとき、その直截的過ぎる台詞の連発などで、一番に感じたのは「自主映画っぽい」だった。もういい年したおじいちゃんで巨匠なロメロが撮ったとは思えない、悪く言えば青臭いような、斬新な何かがたっぷり匂っていた。だけど、やっぱり学生の自主映画では到底つくれないような完成度がこの映画にはある。そのずば抜けたバランス感覚はすさまじい。ゾンビ黙示録5作目にて、処女作のような密度と新鮮さが詰まっている。
もちろん「あの」おじさんとか、あんなところでポロリとか、そして冒頭の「足もげる!」発言など、ニヤリとさせられる演出もいっぱい詰まってます。やっぱ死人は走っちゃいけないよねー。ただのゾンビ映画とかただのPOV映画だと思ってちょっとナメてる人は是非観てください。度肝を抜かれること受けあいのまごうことなき大傑作。
それにしてもジャケットダサすぎてげんなり・・・。ジャケットに惑わされないように!

B001TBUJ6Oダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]
ミシェル・モーガン, ジョシュ・クローズ, ショーン・ロバーツ, エイミー・ラロンド, ジョージ・A・ロメロ

ジェネオン エンタテインメント 2009-04-24
売り上げランキング : 115

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

スラムドッグ$ミリオネア

2009年04月25日 00:09

スラム育ちの野良犬=スラムドッグの青年、ジャマールが、クイズ番組「クイズ$ミリオネア」で最後の一問に答えようとしていた。正解すれば賞金は2000万ルピー。かつて、医者や弁護士でもここまで勝ち残れなかった問題を、何故、スラム出身の青年が答えることができたのか。ジャマールの、決して幸福とは言えない半生と、彼を取り巻く人々ー兄のサリームや幼馴染みのラティカとの交流を描きつつ、煌くインドでの答えを探る旅へ、いつしか観客は誘われてゆく。

先日のアカデミー賞を、最優秀賞である作品賞をはじめ総ナメにしたことで一躍有名になった本作。アカデミー賞をとっていなかったら、日本ではミニシアター公開止まりになっていたとしか思えないのは、その日本公開の遅さからも窺える。アカデミー受賞なとたん全国一斉公開ですかそうですか・・・ そして初日には人がいっぱい押しかけるってわけですかそうですか。なんともわかりやすい話ですね。と、皮肉はここまでにして。

監督はダニー・ボイル。れっきとしたイギリス人の、ぶっちゃけ変人な監督である。自分の世代ではダニー・ボイルといえば「トレインスポッティング」で一世を風靡して、テーマソングだったアンダーワールドの曲が大流行りしたのが印象深いが、そのあとも「ザ・ビーチ」「28日後・・・」「サンシャイン2057」など、様々な作品を撮り続けている。特に、特徴的なのが、撮る映画撮る映画どれも全く違うジャンルをつくることで、「トレインスポッティング」が青春ものなら「28日後・・・」はゾンビ(?)ホラーだし、「サンシャイン2057」はSFだ。しかも付け加えると、当たり外れが激しい。まあ、この点は人それぞれの好みにもよるが。
ともあれ、そういった撮る映画の傾向が、一言で言えば不可思議なので、「変人」と最初に書いた。そして、先日のアカデミー賞授賞式の光景を見て納得した。意外といい年したオジサンなのだが、受賞して舞台に大勢のキャスト・スタッフとともに上がった姿ははしゃいでいて、キラキラした「映画大好きな子ども」の目をしていた。例えるならタランティーノに似ている。そうか、この人、映画が好きで好きでたまらないのね。それで、愛を込めて「変人」呼ばわりすることに勝手に決めました。

自分はダニー・ボイルの作品は「トレインスポッティング」以降、特に好きでも嫌いでもなかったのだが、「28日後・・・」でかなり好きになった。無人のロンドンの描写にぐっときた。なんと言えばいいのかわからないが、無言で乾いた感じで、それでいて叙情的な情景を描くのがどえらく上手い人だと思った。そして、今作はそのダニー・ボイルの持ち味が最大限に引き出されている。

インドのスラム生まれの青年が、「クイズ$ミリオネア」に出演して大金を得るまでを描く、ストーリーは至ってシンプルだ。だが、インドの光と風が、この物語に過剰なまでの生命力を吹き込んでいる。テーマは「生きること」。ストーリーと同じぐらいシンプルで、だからこそ説得力がある。ジャマールがクイズに解答するにあたって、その答えにどんな出来事が込められていたか、過去を探るように描き出されるエピソードは時に過酷で残酷だ。だが、どんなときも生きることに対して立ち止まらず、走り続ける疾走感が、その暗い出来事を吹き飛ばして希望という光と風をもたらす。生命というものがかくもしぶとく、エネルギッシュであることがストレートすぎるほどストレートに伝わってきて、心地よい。

粒子が粗く、揺れまくるカメラも、インドの情景を切り取り、物語の疾走感を後押しするのにぴったりだ。また、随所で挿入される音楽とそのタイミングが絶妙で、やっぱりダニー・ボイルは音楽の使い方が半端なく上手いなあとつくづく思った。久々に映画のサントラを買ってしまったくらい。しかも鑑賞直後というタイミングで買ったのは初めてかも。インド音楽と電子音が融合されて、なんとも言えない世界観の音になっている。アジアンやエスニックな音が好きで、かつハウスなどダンスミュージックが好きな人にはかなりオススメ。ちなみにアカデミー作曲賞、主題歌賞も受賞してます。

とにかく上にも書いたようにこの映画を一言で現すなら「疾走感」。そして「煌き」。人生を、生きることを駆け抜け、生命の迸りが煌く、それが見事に映像に描き出されている。漲るようなこの感覚を味わえる映画はなかなかないと断言できる。それを観るだけでも一見の価値があると思うし、アカデミー賞を受賞したのも納得。(それにしてもアカデミー賞って、本当最近趣向がどんどん違ってきたな・・・)
また、一気に走り抜けるストーリーの結末も見事で、ハッピーな気持ちで劇場を去ることができるのは保障する。インド映画をリスペクトしたかのような最後の終わり方も凄くいい。あくまでリアルに、時に過酷な生を描くこの映画だからこそ、なおさら引き立つ粋な演出だ。もちろん音楽も最高。

あくまでシンプルなテーマを、シンプルなストーリーで描いていながら、ちょっとした洒落た演出や細部のこだわりが抜け目ない。そのへんはさすがダニー・ボイルといったところ。何より全てがあくまで映画的で、映画の良さとはこういうもんだ!というものを思う存分詰め込まれているところがいい。映像と音で語り、魅了され、恍惚とする、映画ならではの、映画でしか味わえないその感覚を存分に堪能できる。
暖かくなってきた昨今、気分も浮き足立っているなか、アカデミー賞受賞という理由でもよし、ダニー・ボイルのファンという理由でもよし、インドが好きだからという理由でもよし、自信を持って万人におすすめできる傑作。

B001S2QNN2スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B001RVIST6スラムドッグ$ミリオネア
A・R・ラフマーン

ユニバーサル インターナショナル 2009-04-01
売り上げランキング : 707

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミスト

2009年03月17日 00:44

ホラー小説界の鬼才スティーブン・キングの原作を、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」などキング原作の映画化では定評のあるフランク・ダラボンが監督したホラー。

田舎町を猛烈な嵐が襲った翌日、人々でごった返すスーパーマーケットに買い出しに来た主人公デイビッド親子。突然外は濃い霧に覆われ、一人の老人が血相を変えてマーケットに駆け込んでくる。「霧の中の何かに襲われた!」騒然とする店内。霧の中にいる「何か」に怯え、人々は濃い霧の立ち込めるなか、マーケットの中から出られなくなってしまう。

最初は、何だかわからないものに翻弄される人々の、サスペンス・スリラー的ものかと思っていたら、「何か」の正体は意外とすぐわかり(わかるというわけではないんだけど、少なくとも姿は見えて)、ああ、なんだ、よくあるB級パニックホラーもの?と思っていたら違かった。とにかく重い。そしてエンディングが悲惨すぎる。とりあえず気分が暗いときにはあまり観ないほうがいいかも。小さな子どもがいる親も観ないほうがいい。親子で観るなんてもってのほか。
もちろんベースとしてはホラーなので、大したことないけど(←個人的には)グロ描写もややあるので、そうゆうのが無理な人はやめておいたほうがいい。本当に大したことないけど(←個人的には)。直截的なグロ描写なんかより、人間の心理描写のほうがよっぽど恐ろしく、リアルに描かれている映画だと自分は感じたから。

衝撃的なラストのせいで、好みは真っ二つに分かれる作品だと思う。本当に嫌いな人は嫌いだろうし、この作品そのものに嫌悪感すら抱くだろう。その気持ちもわからなくもない。まあ、そのほうが正しい感覚だ。ただ、自分は結構好きだった。
この作品のテーマは、ある意味ありがちな「一番怖いのは人間」というふうに受け取られがちだが、自分は「人間の愚かさ」がテーマだと思った。作中に登場するキ○ガイ女(笑)の、聖書を引用した台詞からもそう受け取れる。結局人間は愚かで、自分たちの想像を超える何かに対面したとき、大勢集まっていても大した力も持てず、むしろ自分たちで些細な諍いから潰しあう。ある意味とても救いようのない話だが、その人間の負の部分を存分に描き、そして衝撃のラストシーンで言い切った、その説得力ゆえの映画の力はすさまじい。テーマは暗く、決して迎合できるものではないが、それを描ききったという点ではとても評価したい。その一点が、これを、ただのB級ホラーではなく完成されたひとつの作品へ昇華させている。(まあ原作は巨匠キングではあるけれど、ラストは監督の創作らしいので。しかもキングが絶賛したとか)

また、作中ほぼBGMが皆無で、クローズアップや手持ちカメラを多用したカメラワークはその場の緊迫感や不穏な雰囲気を存分に描き出している。一言で言えば、上手い。そして結構好み。CGはややちゃっちいけど、まあなんとか許容範囲。なんかこの脚本の結末が問題視されて大きいスタジオでつくれず低予算ゆえだからだそうな。まあ、わからなくもないけど、不憫な話・・・。

霧の中から何かがやってくる、といったホラーと言えば、ジョン・カーペンターの「ザ・フォッグ」や、「サイレント・ヒル」なんかが思い浮かぶけど、古典ホラーの「ザ・フォッグ」や、オカルトじみた「サイレント・ヒル」に比べると、こちらはもっとリアル路線な感じ。霧そのものより、その場の人々の感情に重点が置かれている。霧の感じは「サイレント・ヒル」に似てたけど。
後味の悪いラストが嫌で、普通のホラーが観たいなら「サイレント・ヒル」がおすすめ。直截的な描写はあっちのほうがグロいけど!(個人的トラウマシーンあり)

B001CJ0UXAミスト [DVD]
トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー

ポニーキャニオン 2008-09-17
売り上げランキング : 4602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年11月29日 02:06

大好きな吉岡くん(吉岡秀隆)が出てるということで、公開前からチラシを見て気になってはいたのだが、ひょんなことから劇場へ観に行く機会ができて、まあ気になってはいたし、みたいな軽い気持ちで行って来た。
はっきり言って、予想外の出来。最高でした。つまりは。

原作のマンガは読んだことがないのだが、たぶん読んでなかったからこそ余計な先入観がなくて良かったのだろう。

昭和33年の、今でいう「レトロ」真っ盛りの時代背景を巧みに描写しつつ、ありきたりの、「日本人っぽさ」を全面に出した人情の群像劇。それがこんなに上手くいっているなんて。すべての人々の感情がダイレクトに迫って来て、それがまた時代背景と見事にマッチしている(もしこのストーリーそのままで現代を舞台にしたら、観ていられないものになったかも知れない)。

「ジュブナイル」や「リターナー」を監督した山崎貴監督だったので、観る前はどーなんだろう、と正直ハラハラしていたのだが(「ジュブナイル」は観てないが「リターナー」はボロクソだった)、日常を自然に見せる、風景を自然に見せる、という意味でのCGの使い方も見事で、この人は無理にSFとかやらないで、こういったリアルなもの路線でいったほうがいいんじゃないかと思った。

何もCGは、未来世界とか宇宙船とかモンスターとか、架空のものを作るためだけにあるんじゃない。こういった、「気付かないところでCGが生かされている」といった使い方に、自分は凄く共感をおぼえる。「フォレストガンプ」で、中尉だかの足がないところにCGが使われていて、そういったことに感銘を受けたのと似たようなかんじだ。今だったらCGというよりVFXというんだろうけど。

とにかく、メイキングも観たいし、DVD買っちゃうかも、ぐらい、久々に満悦出来た日本映画。劇場では泣きっぱなしだったのも、自分的には珍しいことなのでした。(ベタな「泣き」にヨワい)
終わったあともしばらく感動の余韻がのこってたよ。

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]
山崎貴

バップ 2006-06-09
売り上げランキング : 32608

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。