スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアンマン

2009年03月20日 18:42

MARVEL産アメコミが原作の、ヒーローものアクション。巨大軍事企業の社長であり、スゴ腕発明家である主人公トニー・スターク。ある事件がきっかけで、自らアイアンスーツを開発し、それを着て悪と戦うアイアンマンとなるのだった。
・・・「悪と戦う」ってところは、今作に関しては微妙に語弊があるのだが、そのへんはあまり書くとネタバレするので、とりあえずいかにもな無難な書き方にしておきます。本当はもっとすったもんだあるのよ。言っちゃったらつまんなくなりそうだから書かないけど。詳しくは本編を観ろ!

そんなわけで、ちょっと書くだけでネタバレしそうなぐらい、プロットがちゃんと出来ている。どんでん返しもバッチリ。126分とこの手の映画にしては長尺だが、それを感じさせないぐらい飽きずに楽しめるところは凄い。
この作品はアイアンマンがいかにして生まれたかという、バットマンで言う「バットマン・ビギンズ」のような位置づけ。なので、実際にアイアンマンが大活躍ー!するのは多分次作からと言った雰囲気がむんむん。なのでみんなが楽しみにしているアイアンマンが大暴れなシーンは意外と少なく、そこを期待したら物足りないかもしれない。ただし、アイアンマンが生まれる過程はとても丁寧に描かれており、また、とてもユニーク。最近のヒーローものラッシュのなかでは、まず当たりと言って間違いない。

とにかく面白いのが、アイアンマンの正体はおっさんだってこと。おっさんですよ?普通シャイな青年だったりして、それがまたヒーローとしての自分との葛藤などで思い悩んだりするのに、おっさんは至って単純明快。自分の信念(?)でもってまっしぐら。とにかくそれを貫き通すために独りでチマチマアイアンスーツつくる。おっさん、頭いい!そんでもってとうとう飛行成功!おっさん、空を飛ぶ!もう、これだけで必見です。ロバート・ダウニーJrはかなりハマり役だと思う。
またその主人公のキャラクターも良くて、軍事企業の社長なだけあって、女遊びは大好きだし、ギャンブルはやるし、だけど台詞も何事もスマートで、なんだか今までの典型的なヒーロー像とのギャップが凄い。バットマンの正体も金持ちの御曹司だけど、優等生タイプのあちらとは対照的。悪そうなおっさん好きの自分としては、かなり好きなキャラクターだったことは間違いないです。「ハンコック」でもそうだったけど、必ずしも現実世界で優等生タイプがヒーローである必要なんてないんだよね。

また、基本全てが科学の力でつくられ、超常的要素が(一応)全くないため、メカニックの描写が多いのだが、そのへんのデザインが秀逸。特にトニーが自室でアイアンスーツを製作する際の、ホログラムのインタフェイスは目新しかった。もちろんアイアンマンそのものもほぼフルCGなんだろうが違和感なし。人が乗り物に頼らず空を飛ぶ、その感じも妙にリアルに出ていて良い。

ともあれこれでアイアンマンの生まれる過程はじっくりわかったわけだから、次回からいよいよ本領発揮ってことか。次回が楽しみ。エンドクレジットのあとに伏線のようなオマケがついているので、エンドクレジットで止めないよう注意!

B001N3570Qアイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
ロバート・ダウニーJR., グウィネス・パルトロー, ジェフ・ブリッジス, テレンス・ハワード, ジョン・ファヴロー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スピード・レーサー

2009年03月17日 22:06

まず最初に謝っておきます。ゴメンナサイ、完全にナメてました。面白かったです。
予告編を観る限り、毒々しい原色のモロCGベタベタな映像と、子ども騙しのような嘘くさい世界観とで、「絶対これ酷い出来だろうな」と勝手に想像していた。でも「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟の監督の新作だし、一応、念のため、観るだけ観ておこう、と。そしたら予想外に面白くてビックリ。全く期待しないで観たせいもあるとは思うけど。

日本の昔のアニメ「マッハGoGoGo」(タツノコプロ制作)をかなり忠実に実写映画化した作品。若き天才レーサー、スピード・レーサー(←これ名前だから!)が、レース界の裏に潜む陰謀に立ち向かうため、家族や仲間と力を合わせて過酷なレースに挑戦してゆく姿を描く。

と、まずここで先に言っておきたいのが、自分、この「マッハGoGoGo」が原作だって知らなくて観ました。しかも原作の「マッハGoGoGo」も、主題歌ぐらいはなんとなく聞いたことあるけど、全然観たことなく、内容もサッパリ知りませんでした。最後のエンドクレジットで、これが原作だと初めて知り、後から調べたらキャラクターデザインやマシンデザインなど、かなり原作に忠実なことがわかり、たぶんこの原作アニメを好きだった人なら相当楽しいんだろうなあ、と思った。でも何も知らなかった自分でも充分楽しめたので、それはそれで、よく考えたら結構凄いことなんじゃないかと。だってこんな異色の、オタクっぽさ全開の映画が、一見さんでも充分楽しめる出来になっていることってあんまりない。そこはさすがウォシャウスキー兄弟というか、エンタテイメントのツボをしっかり心得てらっしゃる。
オタクっぽさ全開で好き勝手やってるのに、何故かしっかりしたエンタテイメントとして万人受けする出来に仕上がっているというのは、傾向は違えど「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンを彷彿とさせた。そうかそうか、ウォシャウスキー兄弟はこれが撮りたくて「マトリックス」シリーズをつくったのね。そんな監督の猛烈な愛を感じさせる。異端な見た目のせい(?)で日本ではあまりヒットしなかったが、これこそ日本でこそ観て欲しい作品なんじゃないか。日本への愛を込めたオマージュが超大量に入っているよ!あくまでオタク的にだけど・・・ 笑

最初、(ある意味想像通りではあるが)原色バッキバキのCGバッキバキの、つくりものめいた世界観に面食らうも、観続けていると徐々に慣れ、すぐに気にならなくなった。確かにレースシーンなど、CGだらけで実写なのかアニメなのか訳がわからなくなるシーンは多々あれど、全てがそのテイストで統一され、ブレがないため「そういった世界」であるとすぐ許容できてしまう。例えばあくまでリアルな映像に合成されたCGがちゃっちいときは「あーあ、やっちゃった」的痛さしか感じないが、全てがちゃっちく非現実的なこの映画では、逆にそういうものだと思えてしまうから不思議だ。そしてもはや、「映画」なのか「アニメ」なのか「コミック」なのかの境界すら曖昧になり、そこを納得できたとき俄然面白くなってくる。「映画」だと思い込んではいけない。これは「新しい何か」なのだ。この感じは「シン・シティ」や「トランスフォーマー」を観たときに感じたものに通じるものがある。

それでも物語の大半を占める苛烈なレースシーンなどはしっかりハラハラドキドキさせ、あくまでエンタテイメントとしての質は保たれている。かと思えば「ニンジャ」や日本風のギャグなど日本オタクで有名な監督のやりたい放題を随所に感じることができ、なんとも贅沢なつくり。日本の少年少女なら、昔子どもの頃にTVアニメを観て妄想したであろうシーンが、映像としてビジュアル化されているのを観たときには笑った。監督はまるで日本の子どもみたいだ。

自分のように、TVアニメや漫画を見て育った「典型的な日本のオタク」世代ならば、それを海の向こうから愛し、ふんだんにお金をかけて映像化してしまったこの作品を楽しめない筈がない。何故なら何か、嬉しい気持ちにさせられるから。自分たちの基盤となっているものを、国や文化は違えど好きなんだよー!という監督のメッセージを強く感じることができるからだ。自分の好きなものを好きと言ってくれる人を嫌える筈がない。
ただし、特にアニメや漫画に興味がなく、オタク要素が皆無な人には、ただのギラギラCGの子ども騙しのヘンテコ映画になってしまうかもしれない。結局、監督が愛する物を共有できる人でないとその面白さは真に感じられないだろう。そういう意味では「オタク映画」であることは間違いないので、まあ、オタクじゃない人は観てもつまらないかもね。

最後のエンドクレジットの主題歌も、原作アニメの主題歌をラップ調にアレンジしていてかっこいい。サントラ欲しいぐらい。あとサル可愛い。エンドクレジットのサル必見(可愛いから)。

B001AQYQ1Cスピード・レーサー 特別版 (2枚組) [DVD]
エミール・ハーシュ, クリスティーナ・リッチ, ジョン・グッドマン, スーザン・サランドン, ウォシャウスキー兄弟

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-11-19
売り上げランキング : 1431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

2009年02月24日 19:24

日本ではすっかり「ハムナプトラ」シリーズとして定着してしまったが、原題は「MUMMY」。つまりこのシリーズのコンセプトは「エジプト」ではなくあくまで「ミイラ」。ちょっとそこ、勘違いしやすいのでヨロシク!というわけで、今回は舞台を中国に移し、古代中国の皇帝のミイラにまつわるお話です。

「インディのパチもの」とかさんざん言われちゃってるこのシリーズですが、管理人は個人的に大好きなんです、これ。似たようなアドベンチャー系の「ナショナル・トレジャー」シリーズなんかよりよっぽど面白い。
もちろんインディ・ジョーンズの系譜にあたる、ドキドキハラハラ、古代の秘宝を探して、笑いありアクションあり、なところはとても類似しているのだけど、このシリーズの一番の特徴と言えるテーマは「家族」。1で知り合った主人公リックとエブリンは、2で結婚していて子どもがおり、今回の3では成長して青年となったその息子アレックスとともに冒険に出かける。なんとも和やかな設定ではないですか。インディでもインディパパや息子は出てきたが、ここまで家族・血縁が前面に出た設定は珍しい。シリーズ通してのおっちょこちょい役(これがまたいい味出てる)、ジョナサンもエブリンの実兄だし。
そしてまた、この家族間の仲の良さが、なんともほのぼのしていて良い。夫婦は(いい年こいて)ラブラブだし、場違いなところで「家族会議よ!」などと騒いだりする。彼らにとって、家族=冒険に欠かせない大切なパートナーということがとても重要になっていて、思わず「家族っていいなあ」と心温まること必至。

映像は今どきのアドベンチャーらしく、いかにもなCGがてんこ盛りで、人によってはアレルギーを起こしかねないが、その過剰なまでのCGも何故かあまり気にならない。それはまるで現代のハリー・ハウゼンのような、映像で夢を語ろうとしている姿勢が前面に見えてくるからかもしれない。
今回の一番の見せ場となる、動く兵馬俑の大群が戦うシーンなどは、動きこそ滑らかなもののハリー・ハウゼンの動く彫像タロスなどを彷彿とさせるし、それに敵対するミイラ軍団は骸骨戦士のようだ。きっと現代の技術を携えてハリー・ハウゼンが映画をつくったら、こんな風になるんじゃないか、思わずそんな気がしてくる。
CGは出来の良し悪しだけじゃない。それを使って何を見せようか、ということが重要なのだ。

最近なかなかつくられない王道アドベンチャーというジャンル。インディや「ナイルの宝石」シリーズなんかで育った自分にとっては、子どもの頃の映画の原点を思い出させ、大人になった今でも子どもの頃に戻ったかのようなワクワク感を味わわせてくれる貴重な作品だ。
冒険と謎解き、モンスターと古代の秘術、ドキドキとワクワク、心温まる家族描写と程よい笑い、過剰なシーンは一切なし、これこそ子どもや家族と一緒に観たい、観るべき、万人におすすめできる映画だと思う。
やっぱり映画はこうでなくっちゃ。エンタテイメントとはまさにこういうことを言うのではないか。

難点を挙げると、まずエブリン役の役者さんが変わってしまったのが残念。前の人のほうが可愛かった。それはもう、めっちゃ可愛かったのに!!
また、息子登場により父親リックの出番が若干減ってしまったこと。なんとか見せ場は確保したものの、もっとリックを前面に出してくれたほうが良かったかな。やっぱり主人公なんですから。

内容はともかく、登場人物は1から時系列に沿って登場するので、1や2が未見の方は1から観るのをオススメします。1や2も面白いよ!

それにしてもブレンダン・フレイザーって、チャーミングな色気があっていいよね。顔はさっぱり好みじゃないのに、何故か大好きです。

B001IECYLAハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン [DVD]
ブレンダン・フレイザー, ジェット・リー, マリア・ベロ, ジョン・ハナ, ロブ・コーエン

UPJ/ジェネオン エンタテインメント 2008-12-19
売り上げランキング : 997

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハンコック

2009年02月07日 01:38

ダメダメなスーパーヒーローハンコックのお話。

前半、スーパーヒーローな力を持ちつつも、あまり人々に愛されていないハンコックの姿はある意味リアルで面白い。実際スーパーヒーローがいたらあんなもんかもしれない。コスチュームを着る必然性も全くないしね!(バットマンとかスパイダーマンみたいな生身なヒーローは除く)
ちなみにハンコックの能力は、ほぼスーパーマンと同様と思って頂ければ。
後半になり、意外な展開とともに話は一気に進む。どうやって話を進ませるのかと思いきや、意外としっかりプロットがあったのね(失礼)。そしてストーリーも一気にシリアスに。と同時にちょっとテンション下がり気味。若干こじつけ?なところもあるし。

個人的には前半のダメダメハンコックをもっと観ていたかった。今までのヒーローもののブラック・パロディのようで痛快で良い。ちゃんとオチや意外な展開があるところは評価するが、若干尻すぼみなのは否めない。次回作に期待・・・って、これじゃ次回作は普通のヒーローものになっちゃうしなあ。

ポップコーン食べながら気楽に楽しむには最適。過剰な期待はしないほうがいいかも。前半部は楽しくってしょうがないけどね!

B001KEM0DAハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
ウィル・スミス, ジェイソン・ベイトマン, シャーリーズ・セロン, ピーター・バーグ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-01-28
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年11月29日 02:06

大好きな吉岡くん(吉岡秀隆)が出てるということで、公開前からチラシを見て気になってはいたのだが、ひょんなことから劇場へ観に行く機会ができて、まあ気になってはいたし、みたいな軽い気持ちで行って来た。
はっきり言って、予想外の出来。最高でした。つまりは。

原作のマンガは読んだことがないのだが、たぶん読んでなかったからこそ余計な先入観がなくて良かったのだろう。

昭和33年の、今でいう「レトロ」真っ盛りの時代背景を巧みに描写しつつ、ありきたりの、「日本人っぽさ」を全面に出した人情の群像劇。それがこんなに上手くいっているなんて。すべての人々の感情がダイレクトに迫って来て、それがまた時代背景と見事にマッチしている(もしこのストーリーそのままで現代を舞台にしたら、観ていられないものになったかも知れない)。

「ジュブナイル」や「リターナー」を監督した山崎貴監督だったので、観る前はどーなんだろう、と正直ハラハラしていたのだが(「ジュブナイル」は観てないが「リターナー」はボロクソだった)、日常を自然に見せる、風景を自然に見せる、という意味でのCGの使い方も見事で、この人は無理にSFとかやらないで、こういったリアルなもの路線でいったほうがいいんじゃないかと思った。

何もCGは、未来世界とか宇宙船とかモンスターとか、架空のものを作るためだけにあるんじゃない。こういった、「気付かないところでCGが生かされている」といった使い方に、自分は凄く共感をおぼえる。「フォレストガンプ」で、中尉だかの足がないところにCGが使われていて、そういったことに感銘を受けたのと似たようなかんじだ。今だったらCGというよりVFXというんだろうけど。

とにかく、メイキングも観たいし、DVD買っちゃうかも、ぐらい、久々に満悦出来た日本映画。劇場では泣きっぱなしだったのも、自分的には珍しいことなのでした。(ベタな「泣き」にヨワい)
終わったあともしばらく感動の余韻がのこってたよ。

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]
山崎貴

バップ 2006-06-09
売り上げランキング : 32608

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。