スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラムドッグ$ミリオネア

2009年04月25日 00:09

スラム育ちの野良犬=スラムドッグの青年、ジャマールが、クイズ番組「クイズ$ミリオネア」で最後の一問に答えようとしていた。正解すれば賞金は2000万ルピー。かつて、医者や弁護士でもここまで勝ち残れなかった問題を、何故、スラム出身の青年が答えることができたのか。ジャマールの、決して幸福とは言えない半生と、彼を取り巻く人々ー兄のサリームや幼馴染みのラティカとの交流を描きつつ、煌くインドでの答えを探る旅へ、いつしか観客は誘われてゆく。

先日のアカデミー賞を、最優秀賞である作品賞をはじめ総ナメにしたことで一躍有名になった本作。アカデミー賞をとっていなかったら、日本ではミニシアター公開止まりになっていたとしか思えないのは、その日本公開の遅さからも窺える。アカデミー受賞なとたん全国一斉公開ですかそうですか・・・ そして初日には人がいっぱい押しかけるってわけですかそうですか。なんともわかりやすい話ですね。と、皮肉はここまでにして。

監督はダニー・ボイル。れっきとしたイギリス人の、ぶっちゃけ変人な監督である。自分の世代ではダニー・ボイルといえば「トレインスポッティング」で一世を風靡して、テーマソングだったアンダーワールドの曲が大流行りしたのが印象深いが、そのあとも「ザ・ビーチ」「28日後・・・」「サンシャイン2057」など、様々な作品を撮り続けている。特に、特徴的なのが、撮る映画撮る映画どれも全く違うジャンルをつくることで、「トレインスポッティング」が青春ものなら「28日後・・・」はゾンビ(?)ホラーだし、「サンシャイン2057」はSFだ。しかも付け加えると、当たり外れが激しい。まあ、この点は人それぞれの好みにもよるが。
ともあれ、そういった撮る映画の傾向が、一言で言えば不可思議なので、「変人」と最初に書いた。そして、先日のアカデミー賞授賞式の光景を見て納得した。意外といい年したオジサンなのだが、受賞して舞台に大勢のキャスト・スタッフとともに上がった姿ははしゃいでいて、キラキラした「映画大好きな子ども」の目をしていた。例えるならタランティーノに似ている。そうか、この人、映画が好きで好きでたまらないのね。それで、愛を込めて「変人」呼ばわりすることに勝手に決めました。

自分はダニー・ボイルの作品は「トレインスポッティング」以降、特に好きでも嫌いでもなかったのだが、「28日後・・・」でかなり好きになった。無人のロンドンの描写にぐっときた。なんと言えばいいのかわからないが、無言で乾いた感じで、それでいて叙情的な情景を描くのがどえらく上手い人だと思った。そして、今作はそのダニー・ボイルの持ち味が最大限に引き出されている。

インドのスラム生まれの青年が、「クイズ$ミリオネア」に出演して大金を得るまでを描く、ストーリーは至ってシンプルだ。だが、インドの光と風が、この物語に過剰なまでの生命力を吹き込んでいる。テーマは「生きること」。ストーリーと同じぐらいシンプルで、だからこそ説得力がある。ジャマールがクイズに解答するにあたって、その答えにどんな出来事が込められていたか、過去を探るように描き出されるエピソードは時に過酷で残酷だ。だが、どんなときも生きることに対して立ち止まらず、走り続ける疾走感が、その暗い出来事を吹き飛ばして希望という光と風をもたらす。生命というものがかくもしぶとく、エネルギッシュであることがストレートすぎるほどストレートに伝わってきて、心地よい。

粒子が粗く、揺れまくるカメラも、インドの情景を切り取り、物語の疾走感を後押しするのにぴったりだ。また、随所で挿入される音楽とそのタイミングが絶妙で、やっぱりダニー・ボイルは音楽の使い方が半端なく上手いなあとつくづく思った。久々に映画のサントラを買ってしまったくらい。しかも鑑賞直後というタイミングで買ったのは初めてかも。インド音楽と電子音が融合されて、なんとも言えない世界観の音になっている。アジアンやエスニックな音が好きで、かつハウスなどダンスミュージックが好きな人にはかなりオススメ。ちなみにアカデミー作曲賞、主題歌賞も受賞してます。

とにかく上にも書いたようにこの映画を一言で現すなら「疾走感」。そして「煌き」。人生を、生きることを駆け抜け、生命の迸りが煌く、それが見事に映像に描き出されている。漲るようなこの感覚を味わえる映画はなかなかないと断言できる。それを観るだけでも一見の価値があると思うし、アカデミー賞を受賞したのも納得。(それにしてもアカデミー賞って、本当最近趣向がどんどん違ってきたな・・・)
また、一気に走り抜けるストーリーの結末も見事で、ハッピーな気持ちで劇場を去ることができるのは保障する。インド映画をリスペクトしたかのような最後の終わり方も凄くいい。あくまでリアルに、時に過酷な生を描くこの映画だからこそ、なおさら引き立つ粋な演出だ。もちろん音楽も最高。

あくまでシンプルなテーマを、シンプルなストーリーで描いていながら、ちょっとした洒落た演出や細部のこだわりが抜け目ない。そのへんはさすがダニー・ボイルといったところ。何より全てがあくまで映画的で、映画の良さとはこういうもんだ!というものを思う存分詰め込まれているところがいい。映像と音で語り、魅了され、恍惚とする、映画ならではの、映画でしか味わえないその感覚を存分に堪能できる。
暖かくなってきた昨今、気分も浮き足立っているなか、アカデミー賞受賞という理由でもよし、ダニー・ボイルのファンという理由でもよし、インドが好きだからという理由でもよし、自信を持って万人におすすめできる傑作。

B001S2QNN2スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B001RVIST6スラムドッグ$ミリオネア
A・R・ラフマーン

ユニバーサル インターナショナル 2009-04-01
売り上げランキング : 707

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

プラダを着た悪魔

2009年02月28日 01:52

ジャーナリストを志すファッションにとんと興味のない女の子、アンディが、超一流ファッション誌「ランウェイ」のカリスマ鬼編集長ミランダのアシスタントとして採用され、理不尽で意地悪なミランダを嫌いつつも、徐々にその業界へとはまってゆく様を描く。

ダサダサな女の子(だけどもちろん映画なので中身はとても可愛い)がどんどんオシャレになって仕事で成功してゆく現代のシンデレラ・ストーリーと言えばそれまでだが、そこまで単純なお話でもない。むしろ「女性が仕事をすること」、もっと突き詰めれば「働くということ」というテーマが前面に出ていて、女性であり仕事をしている自分としては、業種や環境は違えど異様に感情移入してしまい、それ故感じることがたくさんあった。とりあえず働く女性は必見。働く女性にありがちな悩みや葛藤、仕事に熱中しすぎてプライベートが疎かになってしまう感覚、そういったものが見事に詰め込まれている。また、主人公の上司であるミランダの言葉からは、「働くということ」そのものに対しての、ひとつの答えを感じとれる(それを正しいととるかは人それぞれだけど)。
終わり方は自分にとってはちょっと微妙。でもアンディはそう決断した。そんな感じ。ここでも、人それぞれ、自分自身の考え方を再認識させられると思う。そういう意味ではとても良かった。
また、ミランダ役のメリル・ストリープがとてもいい。抑えた口調で、シンプルに言葉を発し、業界ではカリスマ的存在だけど、そんな彼女も家庭を持つ一人の女。ただの嫌味な上司じゃない、そういう感じがとても出ていてハマリ役。

もちろん当初のイメージ通り、オシャレなファッション、ニューヨークでのライフスタイル、そういう描写も目白押しなので、それだけが目当てでも充分楽しめる。だけどそれだけで終わっていない。久々に後に残る映画を観た。オススメです。

B001EI5M28プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-10-16
売り上げランキング : 1166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。