スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラダを着た悪魔

2009年02月28日 01:52

ジャーナリストを志すファッションにとんと興味のない女の子、アンディが、超一流ファッション誌「ランウェイ」のカリスマ鬼編集長ミランダのアシスタントとして採用され、理不尽で意地悪なミランダを嫌いつつも、徐々にその業界へとはまってゆく様を描く。

ダサダサな女の子(だけどもちろん映画なので中身はとても可愛い)がどんどんオシャレになって仕事で成功してゆく現代のシンデレラ・ストーリーと言えばそれまでだが、そこまで単純なお話でもない。むしろ「女性が仕事をすること」、もっと突き詰めれば「働くということ」というテーマが前面に出ていて、女性であり仕事をしている自分としては、業種や環境は違えど異様に感情移入してしまい、それ故感じることがたくさんあった。とりあえず働く女性は必見。働く女性にありがちな悩みや葛藤、仕事に熱中しすぎてプライベートが疎かになってしまう感覚、そういったものが見事に詰め込まれている。また、主人公の上司であるミランダの言葉からは、「働くということ」そのものに対しての、ひとつの答えを感じとれる(それを正しいととるかは人それぞれだけど)。
終わり方は自分にとってはちょっと微妙。でもアンディはそう決断した。そんな感じ。ここでも、人それぞれ、自分自身の考え方を再認識させられると思う。そういう意味ではとても良かった。
また、ミランダ役のメリル・ストリープがとてもいい。抑えた口調で、シンプルに言葉を発し、業界ではカリスマ的存在だけど、そんな彼女も家庭を持つ一人の女。ただの嫌味な上司じゃない、そういう感じがとても出ていてハマリ役。

もちろん当初のイメージ通り、オシャレなファッション、ニューヨークでのライフスタイル、そういう描写も目白押しなので、それだけが目当てでも充分楽しめる。だけどそれだけで終わっていない。久々に後に残る映画を観た。オススメです。

B001EI5M28プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-10-16
売り上げランキング : 1166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年11月29日 02:06

大好きな吉岡くん(吉岡秀隆)が出てるということで、公開前からチラシを見て気になってはいたのだが、ひょんなことから劇場へ観に行く機会ができて、まあ気になってはいたし、みたいな軽い気持ちで行って来た。
はっきり言って、予想外の出来。最高でした。つまりは。

原作のマンガは読んだことがないのだが、たぶん読んでなかったからこそ余計な先入観がなくて良かったのだろう。

昭和33年の、今でいう「レトロ」真っ盛りの時代背景を巧みに描写しつつ、ありきたりの、「日本人っぽさ」を全面に出した人情の群像劇。それがこんなに上手くいっているなんて。すべての人々の感情がダイレクトに迫って来て、それがまた時代背景と見事にマッチしている(もしこのストーリーそのままで現代を舞台にしたら、観ていられないものになったかも知れない)。

「ジュブナイル」や「リターナー」を監督した山崎貴監督だったので、観る前はどーなんだろう、と正直ハラハラしていたのだが(「ジュブナイル」は観てないが「リターナー」はボロクソだった)、日常を自然に見せる、風景を自然に見せる、という意味でのCGの使い方も見事で、この人は無理にSFとかやらないで、こういったリアルなもの路線でいったほうがいいんじゃないかと思った。

何もCGは、未来世界とか宇宙船とかモンスターとか、架空のものを作るためだけにあるんじゃない。こういった、「気付かないところでCGが生かされている」といった使い方に、自分は凄く共感をおぼえる。「フォレストガンプ」で、中尉だかの足がないところにCGが使われていて、そういったことに感銘を受けたのと似たようなかんじだ。今だったらCGというよりVFXというんだろうけど。

とにかく、メイキングも観たいし、DVD買っちゃうかも、ぐらい、久々に満悦出来た日本映画。劇場では泣きっぱなしだったのも、自分的には珍しいことなのでした。(ベタな「泣き」にヨワい)
終わったあともしばらく感動の余韻がのこってたよ。

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]
山崎貴

バップ 2006-06-09
売り上げランキング : 32608

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。