スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビルズ・バックボーン

2009年06月03日 00:24

先日観た「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」に引き続きギレルモ・デル・トロ作品。そういえば観てなかったので。2001年製作のスペイン映画。

1930年代スペイン内戦下、人里離れた荒野に建つ孤児院に、一人の少年がやってきた。彼の名はカルロス。内戦で両親が戦死したのでここへと連れて来られたのだった。到着したその夜から、怪しげな声や人影を見るカルロス。どうやらこの孤児院には幽霊が出るという噂が。そして、彼のあてがわれた12番ベッドをかつて使っていたという、サンティという少年とは・・・。

「パンズ・ラビリンス」と同様、スペイン内戦下を舞台にした、ギレルモ・デル・トロ作品のなかではシビアな系統に入るストーリー。どうやらデル・トロって、「ミミック」や「ヘルボーイ」のような、軽快なアクションに持ち味のビザールさを潜り込ませたエンタメ路線と、今作や「パンズ・ラビリンス」のような、重い現実をファンタジーと融合させた、シリアス路線の二つの路線があるようだ。自分は「パンズ・ラビリンス」で一気にヤラれたクチなので、こういったタッチのほうが好き。なので、大変満足でした。デル・トロ作品のなかでは「パンズ・ラビリンス」に並ぶぐらい好きかも。もちろん「ヘルボーイ」も好きだけどね。

お話は一言で言ってしまえば幽霊ものなのだけど、普通のホラーと思って観ると拍子抜けしてしまうだろう。メイキングで監督自ら語っているとおり、本作はファンタジーであり、そしてそのファンタジーを引き立たせるような重厚な人間ドラマが一番の主軸なのだ。怖いというよりは、悲しい。そんな趣は、後に「パンズ・ラビリンス」を撮る監督の、一貫した主張を伺わせる。「デビルズ・バックボーン」という、いかにもなタイトルに惑わされるなかれ。

ファンタジーとは何なのか、という、「パンズ・ラビリンス」で突きつけられた主張がこの映画にも込められている。過酷な戦時下、しかし、その戦争は大人たちが起こしたもので、子どもたちはいつもその犠牲となり、振り回されている。そんな汚い大人の思惑と、純粋がゆえにそれへと立ち向かう強さを持つ子どもたち。それは、手段や状況こそ違えど「パンズ・ラビリンス」の主人公の少女と同じだ。そして、物語は「パンズ・ラビリンス」とは対称的な終わり方を迎える。まるで対になった物語のように。
デル・トロの凄いところは、その過酷な現実への、ファンタジーという非現実的要素の絡ませ方だ。ファンタジーとは時として明るく楽しいものばかりではない、そしてそのファンタジーを生み出すものも結局は人間であるということ。そして現実を動かすのも、結局は人間の感情以外の何者でもないということ。幽霊は、そこにいるけれども、何かを起こしているのは結局人間なのだ。
そういった大人のエゴが存分に描写され、それと対称的に子どもたちの純粋さが引き立っている。この監督は子どもの描き方が上手いなあとつくづく感じた。そして、その周りを取り巻く大人たちのドラマも奥深い。

全体的に地味なお話だが、それでもデル・トロっぽい美術の秀逸さは健在。まず、何と言っても幽霊の表現がいい。そして、タイトルにもなったホルマリン漬けのアレとか、義足の院長など、不穏さを掻きたてるガジェットも豊富だ。メイキングを観ると、ここでも極力CGを使わずアナログでつくり上げているらしく、デザインまで監督自ら手がけているとのこと。そういったセンスがあればこそ、この重厚なファンタジーにも説得力が生まれているのだろう。

ただのホラーと侮るなかれ。ホラーやファンタジーと綿密に絡み合わせた、現実の過酷さを描く、悲しい人間模様を描くドラマだ。

B000657N5Eデビルズ・バックボーン スペシャル・エディション [DVD]
エドゥアルド・ノリエガ, マリサ・パレデス, フェデリコ・ルッピ, フェルナンド・ティエルブ, ギレルモ・デル・トロ

アスミック 2004-12-10
売り上げランキング : 30530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

アストロノーツ・ファーマー

2009年05月10日 21:12

宇宙飛行士への夢半ばで、父親の農場を継ぐことになり挫折したチャーリー・ファーマー。しかしそれでも宇宙への夢を諦めきれず、家族の協力のもと自力でロケットをつくり、自分の農場から飛び立とうとする・・・

うーん、あらすじを見たときはかなり面白そうな予感がしたのだが、ちょっと期待外れ。農場で自作ロケットをつくり発射させる過程が丹念に描かれたSFドラマなのかと思えばちょっと違うし、じゃあ夢を忘れず宇宙へ飛び立つ男を寓話的に描いたファンタジーかと聞かれればそれも違う。あくまでテーマは「家族の絆」であり、子どもたちは可愛らしいし夫婦の信頼感もよく出ていて大いに結構なのだが、それだけではちょっと困る。だって主題が主題だ。農場から自作ロケットを飛ばすという、ある意味突拍子もない、途方もない話なのだから、やっぱり「家族の絆って素敵ですね」以上のものがないと、結局、語るべき「家族の絆」さえ薄っぺらなものに見えてきて、物語全体の説得力がなくなってしまう。

一番の失敗点は、リアル志向にするかファンタジーなのか中途半端なところ。リアル志向にするならば、例えばロケットの制作過程や燃料の供給手段など、現実的な部分をもっとしっかり描くべきだし、劇中多少出てくるようなFBIやNASAの妨害などももっとあってもいいようなもの。逆に、ファンタジーに徹するなら、そういった国や政府の妨害などは極力省き、あくまで夢を追い続けることの純粋さをもっと前面に出すべきだ。そのリアリティとファンタジー加減の混ざり方が、あんまりうまくいっておらず、結果、水と油を混ぜてしまったかのような、なんとも場違いな、どちらにも乗り切れない感が残る。

個人的にはもっとファンタジーな、寓話的な物語かと思っていたので、FBIが出てきたりと、現実的な描写が出てきたときにはちょっとげんなり。それならそれで、そっち方面をもっとしっかりと詰めて欲しかった。また、カメオ出演だかただの脇役出演だか知らないけどアノ大物俳優の登場も、全く別のSFアクション超大作を嫌でも彷彿してしまい逆効果。「俺は宇宙に行って地球を救ってきたぜ」とか言わなくて本当良かったです。その俳優さん自身は、ハリウッドスターでダントツナンバー1に好きなんですけどねー。うーん、色々惜しい作品。

B001FO0UQYアストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲 [DVD]
ビリー・ボブ・ソーントン, ヴァージニア・マドセン, ブルース・ウィリス, マイケル・ポーリッシュ

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) 2008-12-12
売り上げランキング : 24888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スラムドッグ$ミリオネア

2009年04月25日 00:09

スラム育ちの野良犬=スラムドッグの青年、ジャマールが、クイズ番組「クイズ$ミリオネア」で最後の一問に答えようとしていた。正解すれば賞金は2000万ルピー。かつて、医者や弁護士でもここまで勝ち残れなかった問題を、何故、スラム出身の青年が答えることができたのか。ジャマールの、決して幸福とは言えない半生と、彼を取り巻く人々ー兄のサリームや幼馴染みのラティカとの交流を描きつつ、煌くインドでの答えを探る旅へ、いつしか観客は誘われてゆく。

先日のアカデミー賞を、最優秀賞である作品賞をはじめ総ナメにしたことで一躍有名になった本作。アカデミー賞をとっていなかったら、日本ではミニシアター公開止まりになっていたとしか思えないのは、その日本公開の遅さからも窺える。アカデミー受賞なとたん全国一斉公開ですかそうですか・・・ そして初日には人がいっぱい押しかけるってわけですかそうですか。なんともわかりやすい話ですね。と、皮肉はここまでにして。

監督はダニー・ボイル。れっきとしたイギリス人の、ぶっちゃけ変人な監督である。自分の世代ではダニー・ボイルといえば「トレインスポッティング」で一世を風靡して、テーマソングだったアンダーワールドの曲が大流行りしたのが印象深いが、そのあとも「ザ・ビーチ」「28日後・・・」「サンシャイン2057」など、様々な作品を撮り続けている。特に、特徴的なのが、撮る映画撮る映画どれも全く違うジャンルをつくることで、「トレインスポッティング」が青春ものなら「28日後・・・」はゾンビ(?)ホラーだし、「サンシャイン2057」はSFだ。しかも付け加えると、当たり外れが激しい。まあ、この点は人それぞれの好みにもよるが。
ともあれ、そういった撮る映画の傾向が、一言で言えば不可思議なので、「変人」と最初に書いた。そして、先日のアカデミー賞授賞式の光景を見て納得した。意外といい年したオジサンなのだが、受賞して舞台に大勢のキャスト・スタッフとともに上がった姿ははしゃいでいて、キラキラした「映画大好きな子ども」の目をしていた。例えるならタランティーノに似ている。そうか、この人、映画が好きで好きでたまらないのね。それで、愛を込めて「変人」呼ばわりすることに勝手に決めました。

自分はダニー・ボイルの作品は「トレインスポッティング」以降、特に好きでも嫌いでもなかったのだが、「28日後・・・」でかなり好きになった。無人のロンドンの描写にぐっときた。なんと言えばいいのかわからないが、無言で乾いた感じで、それでいて叙情的な情景を描くのがどえらく上手い人だと思った。そして、今作はそのダニー・ボイルの持ち味が最大限に引き出されている。

インドのスラム生まれの青年が、「クイズ$ミリオネア」に出演して大金を得るまでを描く、ストーリーは至ってシンプルだ。だが、インドの光と風が、この物語に過剰なまでの生命力を吹き込んでいる。テーマは「生きること」。ストーリーと同じぐらいシンプルで、だからこそ説得力がある。ジャマールがクイズに解答するにあたって、その答えにどんな出来事が込められていたか、過去を探るように描き出されるエピソードは時に過酷で残酷だ。だが、どんなときも生きることに対して立ち止まらず、走り続ける疾走感が、その暗い出来事を吹き飛ばして希望という光と風をもたらす。生命というものがかくもしぶとく、エネルギッシュであることがストレートすぎるほどストレートに伝わってきて、心地よい。

粒子が粗く、揺れまくるカメラも、インドの情景を切り取り、物語の疾走感を後押しするのにぴったりだ。また、随所で挿入される音楽とそのタイミングが絶妙で、やっぱりダニー・ボイルは音楽の使い方が半端なく上手いなあとつくづく思った。久々に映画のサントラを買ってしまったくらい。しかも鑑賞直後というタイミングで買ったのは初めてかも。インド音楽と電子音が融合されて、なんとも言えない世界観の音になっている。アジアンやエスニックな音が好きで、かつハウスなどダンスミュージックが好きな人にはかなりオススメ。ちなみにアカデミー作曲賞、主題歌賞も受賞してます。

とにかく上にも書いたようにこの映画を一言で現すなら「疾走感」。そして「煌き」。人生を、生きることを駆け抜け、生命の迸りが煌く、それが見事に映像に描き出されている。漲るようなこの感覚を味わえる映画はなかなかないと断言できる。それを観るだけでも一見の価値があると思うし、アカデミー賞を受賞したのも納得。(それにしてもアカデミー賞って、本当最近趣向がどんどん違ってきたな・・・)
また、一気に走り抜けるストーリーの結末も見事で、ハッピーな気持ちで劇場を去ることができるのは保障する。インド映画をリスペクトしたかのような最後の終わり方も凄くいい。あくまでリアルに、時に過酷な生を描くこの映画だからこそ、なおさら引き立つ粋な演出だ。もちろん音楽も最高。

あくまでシンプルなテーマを、シンプルなストーリーで描いていながら、ちょっとした洒落た演出や細部のこだわりが抜け目ない。そのへんはさすがダニー・ボイルといったところ。何より全てがあくまで映画的で、映画の良さとはこういうもんだ!というものを思う存分詰め込まれているところがいい。映像と音で語り、魅了され、恍惚とする、映画ならではの、映画でしか味わえないその感覚を存分に堪能できる。
暖かくなってきた昨今、気分も浮き足立っているなか、アカデミー賞受賞という理由でもよし、ダニー・ボイルのファンという理由でもよし、インドが好きだからという理由でもよし、自信を持って万人におすすめできる傑作。

B001S2QNN2スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B001RVIST6スラムドッグ$ミリオネア
A・R・ラフマーン

ユニバーサル インターナショナル 2009-04-01
売り上げランキング : 707

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕らのミライへ逆回転

2009年03月10日 18:32

邦題がヒドイが、原題はBE KIND REWIND、「巻き戻してください」。レンタルビデオ屋のキャッチフレーズだ。
田舎町のレンタルビデオ屋(今どきDVDでもなく、VHS!)で働くマイクと、その近所で廃品回収の仕事をしているジェリー。ひょんなことからマイクの働くビデオ店のテープの中身が全て消えてしまい、それをごまかすために2人は自分たちで無理矢理、名作のリメイク(?)を撮影し始めるのだが・・・。

監督はMVの鬼才、ミシェル・ゴンドリー。実はこの人の監督映画って「ヒューマン・ネイチュア」しか観ておらず、個人的には「MV界の凄いヒト」な印象のほうが強い。そんなミシェル・ゴンドリーなだけあって、随所にゴンドリーらしいアナログチックな映像の遊びが散りばめられている。ワンカットで流れるように様々な映画の撮影シーンを見せていったりとか。あれ?でもこれ以前MVでも見たような。

この映画のテーマはズバリ「映画」。しかも、名作(ゴーストバスターズとか)を素人2人がリメイクするわけだから、そのパロディ的な要素を面白がれないと、まず楽しめない。つまり、「映画」についての「映画好き」に向けた映画なのだ。だから入り口の敷居がまず、ちょっと高め。結構な「映画マニア」でないと楽しめないというのは、「映画」の映画なのにどうなのだろう?映画はマニア向けのものではなく、あくまで大衆向けのものではないのか?

また、主役となるおバカコンビ2人がメインで進んでゆくお話の筈なのに、全く2人に感情移入できない。一言で言えば2人の心情描写がお粗末。2人のヘンテコさばかりが引き立ち、実際のところどういう人物なのかが、イマイチ最後まで掴めなかった。
それに付け加えて、おバカでヘンテコな(ある意味ゴンドリーらしい)前半のノリと、後半からいきなり感動させるほうへの落差が激しすぎて、完全について行けず、感動する筈のラストもサッパリ感動できない。

「映画」についての映画ならば、まずその作品そのものが映画として成立していないと駄目なのではないか?映画とは人物とその感情が動かすもので、どんな下手な映画でも、登場人物に感情移入できた時点でそれなりに楽しくなる。その大前提がおざなりで、ひたすら「映画」についての問いかけや、監督の考えばかり提示されてもダレてしまう。正直自分も途中でかなり飽きてしまった。
結論を言えば、計算的な、理屈っぽさばかりが目立つ。もちろんそれもある程度は必要だろうけど、やっぱり一番大切なのは感情などの、計算できない感覚的な何かなのではないか。そこが抜け落ちてしまっている以上、幾ら映画について興味深い考えが示唆されている作品であろうと、自分は評価できない。

ただ、観る人によってはとっても興味深い作品になることは間違いない。映画好きを自認する、もしくはつくり手側の人間は観たほうがいいかもしれない。個人的な評価は★★だが、観る人によって印象が全く異なると思うので、とりあえず★★★。

B001OF640K僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD]
ジャック・ブラック, モス・デフ, ダニー・グローヴァー, ミア・ファロー, ミシェル・ゴンドリー

ジェネオン エンタテインメント 2009-03-06
売り上げランキング : 223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ノイズ

2009年03月01日 02:29

舞台はニューヨーク、けたたましく鳴り響く車の防犯アラームの騒音に耐えかねた主人公が、その「騒音」を排除すべく徐々に過激に破壊活動を繰り広げてゆく姿を描く。

と、なんだか不穏な気配がむんむんな書き方をしてしまったけど、あくまで軽快なタッチでテンポ良く楽しめる社会派ドラマ。主演のティム・ロビンスもいい感じ。

大都会の真ん中で人々が住んで生活しているというニューヨークの街は、実はかなり特殊な街なんだなと改めて感じた。東京で言えば渋谷の109に人が住んでるような感じ。そういう住環境って実はあんまりない。だから主人公の騒音へのイライラというのは、正直いまいちピンと来ないと言えばそうなんだけど、きっとニューヨークで生活している人にとっては切実な問題なんだろう。
そんな環境の違いはあれど、主人公が騒音に悩まされ、破壊に及んでゆく姿はあくまでコミカルに描かれ決してだれることはない。むしろ普通に楽しめる。ラストも爽快。地味ながら佳作。

主人公が娘と会話するシーンで、「サイレンは女の人の名前なの?」のくだりのやりとりが結構好き。そして近くには折り紙を折っている謎の日本人(?)が・・・。そういえば他にも日本人出てきたな。日本のわびさび→騒音との対比?ととるのはちょっと深読みし過ぎだろうか。

B001P953D4ノイズ [DVD]
ヘンリー・ビーン

テレビ東京 2009-04-03
売り上げランキング : 33254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。