スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビルズ・バックボーン

2009年06月03日 00:24

先日観た「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」に引き続きギレルモ・デル・トロ作品。そういえば観てなかったので。2001年製作のスペイン映画。

1930年代スペイン内戦下、人里離れた荒野に建つ孤児院に、一人の少年がやってきた。彼の名はカルロス。内戦で両親が戦死したのでここへと連れて来られたのだった。到着したその夜から、怪しげな声や人影を見るカルロス。どうやらこの孤児院には幽霊が出るという噂が。そして、彼のあてがわれた12番ベッドをかつて使っていたという、サンティという少年とは・・・。

「パンズ・ラビリンス」と同様、スペイン内戦下を舞台にした、ギレルモ・デル・トロ作品のなかではシビアな系統に入るストーリー。どうやらデル・トロって、「ミミック」や「ヘルボーイ」のような、軽快なアクションに持ち味のビザールさを潜り込ませたエンタメ路線と、今作や「パンズ・ラビリンス」のような、重い現実をファンタジーと融合させた、シリアス路線の二つの路線があるようだ。自分は「パンズ・ラビリンス」で一気にヤラれたクチなので、こういったタッチのほうが好き。なので、大変満足でした。デル・トロ作品のなかでは「パンズ・ラビリンス」に並ぶぐらい好きかも。もちろん「ヘルボーイ」も好きだけどね。

お話は一言で言ってしまえば幽霊ものなのだけど、普通のホラーと思って観ると拍子抜けしてしまうだろう。メイキングで監督自ら語っているとおり、本作はファンタジーであり、そしてそのファンタジーを引き立たせるような重厚な人間ドラマが一番の主軸なのだ。怖いというよりは、悲しい。そんな趣は、後に「パンズ・ラビリンス」を撮る監督の、一貫した主張を伺わせる。「デビルズ・バックボーン」という、いかにもなタイトルに惑わされるなかれ。

ファンタジーとは何なのか、という、「パンズ・ラビリンス」で突きつけられた主張がこの映画にも込められている。過酷な戦時下、しかし、その戦争は大人たちが起こしたもので、子どもたちはいつもその犠牲となり、振り回されている。そんな汚い大人の思惑と、純粋がゆえにそれへと立ち向かう強さを持つ子どもたち。それは、手段や状況こそ違えど「パンズ・ラビリンス」の主人公の少女と同じだ。そして、物語は「パンズ・ラビリンス」とは対称的な終わり方を迎える。まるで対になった物語のように。
デル・トロの凄いところは、その過酷な現実への、ファンタジーという非現実的要素の絡ませ方だ。ファンタジーとは時として明るく楽しいものばかりではない、そしてそのファンタジーを生み出すものも結局は人間であるということ。そして現実を動かすのも、結局は人間の感情以外の何者でもないということ。幽霊は、そこにいるけれども、何かを起こしているのは結局人間なのだ。
そういった大人のエゴが存分に描写され、それと対称的に子どもたちの純粋さが引き立っている。この監督は子どもの描き方が上手いなあとつくづく感じた。そして、その周りを取り巻く大人たちのドラマも奥深い。

全体的に地味なお話だが、それでもデル・トロっぽい美術の秀逸さは健在。まず、何と言っても幽霊の表現がいい。そして、タイトルにもなったホルマリン漬けのアレとか、義足の院長など、不穏さを掻きたてるガジェットも豊富だ。メイキングを観ると、ここでも極力CGを使わずアナログでつくり上げているらしく、デザインまで監督自ら手がけているとのこと。そういったセンスがあればこそ、この重厚なファンタジーにも説得力が生まれているのだろう。

ただのホラーと侮るなかれ。ホラーやファンタジーと綿密に絡み合わせた、現実の過酷さを描く、悲しい人間模様を描くドラマだ。

B000657N5Eデビルズ・バックボーン スペシャル・エディション [DVD]
エドゥアルド・ノリエガ, マリサ・パレデス, フェデリコ・ルッピ, フェルナンド・ティエルブ, ギレルモ・デル・トロ

アスミック 2004-12-10
売り上げランキング : 30530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。