スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラーズ

2009年07月12日 18:58

元刑事のベンは、ニューヨークのとある建物の夜警として勤務し始める。そこは過去大火災に遭ったデパートで、今もなお当時の状態のまま残っている。ある晩、フロアに印象的に飾られた大鏡に触れたとき、ベンとその家族に悪夢のような出来事が次々と降りかかってゆく・・・。

タイトルそのまんま、鏡モノサスペンスホラー。火災に遭ったデパートに残された鏡の謎を解き明かしつつ、その鏡の中に潜む何者かと対峙してゆくというもの。主演はキーファー・サザーランド。観てないけど「24」で一躍有名になりました。でも個人的にはやっぱり「スタンド・バイ・ミー」の不良なわけで。その頃よりは老けたけど、顔はやっぱり変わらないのね、とか思いつつ。

焼け焦げたデパートの雰囲気やオカルトチックなギミックは、どうしても「サイレントヒル」を彷彿としてしまう。なんだか至るところで似たようなシチュエーションが満載。そのため目新しさ皆無。しかも鏡を使ったホラーだというのに、なんだかイマイチ一貫性がない。詳しく書くとネタバレしまくるので書きませんが、この映画内での「鏡」というものがどういう役割であり、どういう意味を担っているのかの理由づけがその場によってバラバラで、そのためストーリーに統一感が欠けている。「鏡」をテーマにしているからには、そこが一番重要なポイントな筈なのに、そこがバラけていて明確でないため、全体的に矛盾が残る。

タッチやテイスト>「サイレントヒル」のパクりっぽい
ストーリー>矛盾だらけ
というわけで、結論を言えばイマイチな出来。「鏡」という複雑なモチーフを敢えて使うのならもっと考えるべき。エンディングはそこそこ捻りが効いた演出だが、全体的な骨子が滅茶苦茶なので残念ながら全く引き立ってない。ちょっと違うがパラレルワールドものホラーで言えば、前述の「サイレントヒル」や「エルム街の悪夢」のほうがよっぽどよくできていた。

唯一斬新だったのは、某登場人物の殺され方。あれはなかなかショッキングでした。でもよく考えたら、誰かが殺されるシーンってあれともう一箇所しかないのか。ちょっと少なすぎない?(ホラーにしては)

そういうわけで、少ないけれどもグロ描写はがっつりあるのでグロ苦手な人は注意。
ただ、全体的なテンポや映像は特に問題ないので、矛盾さえ気にならなければ、そこそこ楽しめるかかもしれません。作品としてはかなり致命的な矛盾ではありますが。まあ、「ショッキングな殺されシーン」がどうしても観たい人じゃなければ、他にもっと良作ホラーはあるので、個人的にはそちらを鑑賞することをオススメします。

B0026OBVLAミラーズ (完全版) [DVD]
キーファー・サザーランド, ポーラ・パットン, エイミー・スマート, アレクサンドル・アジャ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2009-07-03
売り上げランキング : 248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ワールド・オブ・ライズ

2009年05月07日 20:41

中東を舞台に、現地のテロリストグループの親玉を逮捕するため活動するCIA工作員フェリスと、彼の上司であるホフマン、ヨルダン情報局長ハニの、3人の繰り広げる情報・頭脳戦を描くサスペンス・アクション。

監督は「エイリアン」「ブレードランナー」以来圧倒的な手腕を奮い続け、今や巨匠の座は揺るぎないリドリー・スコット。主人公フェリス役にレオナルド・デュカプリオ、フェリスの上司のホフマン役にラッセル・クロウとそうそうたるキャストが脇を固める。

リドリー・スコットが他の誰よりも突出しているのは、その映画の切り口の巧さ。スタイリッシュに、けれど決して嫌味なく、あくまでスマートに映画として最も映画らしく物語るその語り口は素晴らしい。下手な監督が撮れば簡単にわけがわからなくなるような複雑なストーリーの今作も、彼が撮っているからこそ滑らかに頭に入ってゆく(それでもややこしいけど)。
また、最近アイドル(?)路線から社会派路線に力を入れていると言われるデュカプリオだが、今作も同様、アイドルでもヒーローでもない役をしっかりこなしている。と言っても素晴らしいキャスティングとまではいかないけど。良くも悪くもない、まあまあな感じ。ちなみに、今だにデュカプリオをアイドル系俳優と思っている人にひとこと。彼は昔から結構様々な役に挑戦していて、どっちかというと演技派俳優の部類に入ると思います。あのミーハーな女性ウケするお顔で損をしている気がしてなりません・・・
それよりも目を引くのがやっぱりラッセル・クロウ。自分ラッセル・クロウ大好きなんですが、しばらく気付かなかったぐらいのブヨデブっぷり。役づくりのために相当増量したそうで。しかもまた、その演技が凄くいい。いいやつなのか悪いやつなのかよくわからない、だけどとにかく嫌味で嫌悪感を持たせるような、なんとも言えない迫力が凄い。
それでもって知らない役者ですがハニ役のマーク・ストロング。鼻血でるほどかっこいいです。渋くて、頭の回るこのキャラクターにピッタリ。存在感も抜群。
結果、ラッセル・クロウとマーク・ストロングにデュカプリオは完全に食われている感じは否めないかな・・・

原題は「BODY OF LIES」。「嘘の本質」とかそうゆう意味なんでしょうか。日本題「ワールド・オブ・ライズ=嘘の世界」もあながち悪くはないと思う。そんなタイトルにあるように、ストーリーは、嘘と嘘が複雑に絡み合って展開してゆく。
もちろん巨匠リドリー・スコットのストーリーテリングはそんな複雑な内容を可能な限りわかり易く描いているため、ある程度サスペンスに慣れた人ならすんなり呑み込める。ただ、扱うテーマが「嘘」なだけあり、嘘に嘘を重ね・・・最後にドーンとどんでん返し!を期待すると、ちょっと拍子抜けするかも。
もちろんどんでん返し的仕掛けはちゃんとあるのだが、この手のものを見慣れてしまっていたせいか、「実は・・・とか?」「いや、本当は・・・だったり?」と、観ながらあの手この手を想像しまくってしまっていた自分としては、なんだか予想よりシンプルな終わり方に軽く狼狽してしまった。そもそもそういう意外などんでん返しが売りの映画ではないのだろうが、サスペンスという体裁に嘘というエッセンスまで降られていたら、否が応にも期待してしまうというのが人心。また、「実は・・・なんじゃない?!」と勝手に想像させるような、意味のない描写や説明不足がやや目立ち、シンプル・イズ・ベストなリドリー・スコット監督らしくないと感じさせられたのも確か。

結果として消化不良感が残り、観終わったあと、結局これは何が言いたかったの?と思ってしまった。何が言いたいということはそもそもないのかもしれないが、現実に起こっている中東問題をテーマにしている限り、そういった落としどころを求めてしまうし、そこに充分応えられている手ごたえも感じられなかった。結果として、類稀な完成度を誇るリドリー・スコット監督作品群のなかでは、数少ない「微妙」な部類に入ることとなった。

ちなみに、レンタルDVDに付随していたメイキングの、原作者の言葉を聞けば、本来のテーマを推量することは可能。ただし、映画が必ずしもそれに沿ってつくられているとも思えないのが残念。
それでも、ふんだんなサスペンス要素やリドリー・スコット監督らしいシャープな演出、俳優陣の演技は素晴らしいので観て損はないかも。自分のように、ストーリーについて複雑に考えすぎなければ、普通のサスペンスとして充分楽しめるだろう。

B001U54KRIワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
レオナルド・ディカプリオ, ラッセル・クロウ, マーク・ストロング, ゴルフシテ・ファラハニ, リドリー・スコット

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-04-29
売り上げランキング : 116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ディスタービア

2009年02月25日 04:50

自宅謹慎になった学生が、興味本位で隣近所を覗き見しているうちに、見てはいけないものを見てしまって・・・という、現代版ヒッチコックの「裏窓」風サスペンス。

おバカ学生(ありがち)がトラブルに巻き込まれちゃってどうしよう!(ありがち、でも大好き)という典型の設定かと思えば、冒頭は意外なほどシリアスな雰囲気で始まりちょっと面食らう(いい意味で)。主人公の学生が、ただのバカ学生ではなく、ちょっとした家庭内の確執を抱えているという、ありがちな設定にプラスアルファの深みを持たせているところは好感が持てる。主人公やヒロインなど、それぞれ少なからずその年齢相応の悩みを抱えていたり、かと言ってそれが前面に押し出されるわけじゃなく軽快なやりとりがあったり、笑い要素があったりと、ベースとなるサスペンスに加えてそういった細やかな演出に抜け目がないため、テンポ、バランス的に飽きずに最後まで楽しめる。

ヒッチコックの「裏窓」は昔観たけどほとんど覚えてなく(汗)、でも現代の10代の若者が主人公な時点で全く違う作品になっていると思う。ネット、ビデオカメラ、携帯など今どきのテクノロジーが整った環境で、覗き見をするということがいかに容易で、また、現代のプライベートという枠が、いかに境界線が曖昧になっているか、ということをちょっと再認識させられた(メイキングでも言っていたけど)。

ティーン映画らしく、10代の男女の軽いノリのやりとりも多分にあって、個人的にそういうのが大好きなのでその辺りも満足。
また、キャスティングがかなりいい感じ。主人公は「トランスフォーマー」や「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のシャイア・ラブーフだし(大好き!)、そのお母さんは「マトリックス」のトリニティ役のキャリー・アン・モス(お母さん役がハマり過ぎて最初わからなかった)、ヒロインは可愛いし、主人公の男友達のアジア系の彼もいい感じ(好みかも・・・)。そして疑惑の隣人役のデビッド・モースがかなり良い!優しげなのに異様、という雰囲気が存分に出ていて存在感が抜群。やっぱりキャスティングは大事よね。その映画にどれだけのめり込めるかが全然違ってくる。ちなみに、大好きなシャイアくんは、今まで観たどの作品より一番ハマってたと思う。
それにしても、やっぱりアメリカの若者はXbox360で遊んでいるのね。そしてお母さんがTVのコードぶっち切るところは笑った。そこまでしなくても、トリニティ!

後で知ったのだけどこれの監督って「イーグル・アイ」の監督なんだね・・・。「イーグル・アイ」は駄作でしたがこちらは良作。オススメです。監督、さては脚本のチョイス誤ったな。

B001G9EBK4ディスタービア [DVD]
シャイア・ラブーフ, サラ・ローマー, D.J.カルーソ

角川エンタテインメント 2008-10-17
売り上げランキング : 8840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イーグル・アイ

2009年02月14日 22:42

「見知らぬ誰かから携帯電話で指示され、相手の正体も目的もわからないまま大きな陰謀に巻き込まれてゆく」という風な予告編を見る限り、とっても面白そうだったので観たところ、正直、たいして面白くありませんでした。

まず、ストーリーや展開が平凡。平凡なだけならまだしも、ところどころ「?」と思うような、イマイチ理屈にあっていない展開もしばしば。こういった「何なのかわからない」という部分が売りであり、最後に謎が解けてなるほど!という観客のスッキリ感が何よりも大事なサスペンス映画にとって、この随所に見られる「矛盾している」感は命とりなんじゃないか。スッキリも何も、余計モヤモヤが溜まるだけ。

もうひとつ致命的なのは、編集が下手なこと。編集+構成が下手くそ。途中途中でなかなかど派手なアクションシーンがあるのだけど、今、何がどうなって、それでどうなったか、そういった全体の流れがわかりにくい。序盤のカーチェイスシーンが特にそれが顕著で、主人公たちの乗った車と、それを追う車が途中でクラッシュしたり、メイキングに出ていたように実車を使った演出はそれなりにリアルで良いのだが、どの車が今どうなって、何と衝突して、結果主人公たちの車はどうなったのか、とかが全然スムースに伝わってこない。結果として観ている側の意識は現状把握でいっぱいいっぱいになってしまうため、カーチェイスのワクワクハラハラ感を全然感じることができない。せっかく実車使ったんならもっとちゃんと見せようよ。

話>平凡 画>わかりにくい編集 伏線やオチ>矛盾を感じる
ちょっとね~ どうなのこれ。救いは主演のシャイアくんが個人的に結構好きだったことと、ヒロインの女性が好みだったこと。シャイアくん大好き!とかじゃなければ別の映画を観ることをオススメします。

B001I919ZCイーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
シャイア・ラブーフ, ミシェル・モナハン, ビリー・ボブ・ソーントン, ロザリオ・ドーソン, D.J.カルーソ

角川エンタテインメント 2009-02-13
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。