スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

2009年06月01日 00:33

異界から召還された角の生えた真っ赤な赤ん坊、ヘルボーイ。彼を保護し育てあげたブルーム教授率いるアメリカの極秘組織・超常現象捜査防衛局(B.P.R.D.)のメンバーとして、仲間とともに極秘の任務にあたるヘルボーイの、新たな活躍を描くシリーズ第2作目。

遥か昔、エルフと人間との戦いのなかで、エルフの王の命令でつくられたゴールデン・アーミー(黄金軍団)。しかし、その強大さと冷徹さに、エルフの王は自らゴールデン・アーミーを封印し、それを復活させる力をもつ王冠を3つに分けて、2つはエルフに、1つを人間に預ける。しかし現代、その王冠の1つが何者かによって奪われるという事件が起き、その捜査にヘルボーイや半魚人のエイブ、発火能力を持つリズなどB.P.R.D.のメンバーがあたることになる。

原作はマイク・ミニョーラのアメコミ。ただし、この原作、他のバットマンやスーパーマン、スパイダーマンなどと違って、かなりアート色の強いシリーズだ。タッチはどちらかというと「シン・シティ」に近い。また、ラブクラフトのクトゥルー神話や、その他オカルトの、それもかなりディープな要素をふんだんに含んでいるため、そういった一種マニア向けの趣がある(ちなみに自分はそこまで詳しくありません)。
そんな、キャラクターのビジュアルの突飛さにしてはディープな世界観を持つ本作だが、原作を比較的忠実に映像化した前作と違い、今作は完全にオリジナル作品となっている。そのため、オカルト要素を比較的排除した、どちらかといえばファンタジー寄りの、誰にでも楽しめる一流の娯楽作として仕上がっている。もちろん、原作を読んでいたり前作を観ていたりして、ヘルボーイの世界観をある程度理解していれば、より一層楽しめることは確かだ。

監督は前作に引き続きギレルモ・デル・トロ。「パンズ・ラビリンス」の衝撃もまだ新しい、メキシコ出身の監督だ。ちなみに「パンズ・ラビリンス」は間違いなく傑作なので必見。ゴシック・ビザール調のホラーを得意とする監督だが、その映像の耽美的美しさは他に類を見ない。しかも、しっかりとしたエンタテイメントとして遊びのあるなかで、その映像美を共存させてしまうのだから凄い。
今シリーズも同様で、テンポよく笑いやアクションを織り交ぜつつ、ところどころにハッとするような造形の美しさがある。特にクリーチャーの造形は独特で、何ともいえない不気味さと美しさ、そして愛嬌をそなえ、デル・トロ美のファンならそれだけでお腹いっぱいだろう。トロール市場のシーンなどは、隅々までずっと観ていたいぐらい楽しい。
デル・トロの造形として特筆すべきなのは、あまりCGなどに頼らず、極力特殊メイクでまかなっていることだ。そのため、一昔前の着ぐるみのようなチープさと、生身の人間が演じる生々しさがあり、何とも独特の雰囲気になっている。そもそも主人公のヘルボーイや相方のエイブなど、メインキャラクターが極彩色の特殊メイクバリバリなので、最初観たときは最近珍しいそのチープさに度肝を抜かれるかもしれないが、何故か徐々に慣れていくから不思議だ。ひとつには、全てがそういった雰囲気で統一され隙がないこと、そしてそういった異形のものたちのほうがより人間らしく描かれているからだろう。このへんに、監督の「異形への愛」を感じてならない。(ちなみに「異形への愛」といえばティム・バートンだけど、そっちとはまた違った「異形」感なんだよなー)

また、このシリーズの一番の魅力は、それぞれのキャラクターの強烈な個性だろう。葉巻をくゆらせかっこつけているけど中身は子どもな「子どもおじさん」ヘルボーイと、知的で憎めないエイブ、そしてそんなヘルボーイとの関係を、唯一見た目は普通の人間として育んでゆくリズ。そして、今作から登場する指揮官ヨハン・クラウスのキャラクターもいい。ちなみに自分はヘルボーイ役のロン・パールマンの大ファンなのだけど、この人は本当にハマり役だと思う。体格も顔もそのまんまなんだもの(笑)

最近はアメコミ原作映画のラッシュで、様々なものが映画化され、中には外れもあったりするが、正統派ヒーローものの「スパイダーマン」、リアリティ溢れる暗さでリニューアルされた「バットマン」、これまたリアル系おじさんヒーロー「アイアンマン」、などと比べても、この「ヘルボーイ」はかなり特殊な部類に入るだろう。上記の「スパイダーマン」などのような、いかにもヒーローが大活躍する物語を想像すると、ちょっと拍子抜けしてしまうかもしれない。しかし、どちらかというとファンタジー寄りだと思って、その独特の造形美を堪能すれば満足できることは間違いない。ちなみに、自分はアメコミ原作のヒーローもののなかでは一番好きなシリーズだ。
今作は、オカルト要素を減らしてしまったせいで原作のもつディープな雰囲気がややなくなってしまったのが残念だったが、その代わりデル・トロ節を思う存分堪能できたので大いに満足。それと、ヘルボーイが猫好きな設定のせいで、相変わらず猫がたくさん出てくるのがイチイチ可愛くて嬉しいです(そして驚きの演出も・・・ 笑)。

B001WBXL2Aヘルボーイ ゴールデン・アーミー リミテッド・バージョン [DVD]
ロン・パールマン, セルマ・ブレア, ダグ・ジョーンズ, ルーク・ゴス, ギレルモ・デル・トロ

UPJ/ジェネオン エンタテインメント 2009-05-22
売り上げランキング : 99

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4861765935ヘルボーイ:闇が呼ぶ (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)
Mike Mignola Duncan Fegredo 関川 哲夫

ジャイブ 2008-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ワールド・オブ・ライズ

2009年05月07日 20:41

中東を舞台に、現地のテロリストグループの親玉を逮捕するため活動するCIA工作員フェリスと、彼の上司であるホフマン、ヨルダン情報局長ハニの、3人の繰り広げる情報・頭脳戦を描くサスペンス・アクション。

監督は「エイリアン」「ブレードランナー」以来圧倒的な手腕を奮い続け、今や巨匠の座は揺るぎないリドリー・スコット。主人公フェリス役にレオナルド・デュカプリオ、フェリスの上司のホフマン役にラッセル・クロウとそうそうたるキャストが脇を固める。

リドリー・スコットが他の誰よりも突出しているのは、その映画の切り口の巧さ。スタイリッシュに、けれど決して嫌味なく、あくまでスマートに映画として最も映画らしく物語るその語り口は素晴らしい。下手な監督が撮れば簡単にわけがわからなくなるような複雑なストーリーの今作も、彼が撮っているからこそ滑らかに頭に入ってゆく(それでもややこしいけど)。
また、最近アイドル(?)路線から社会派路線に力を入れていると言われるデュカプリオだが、今作も同様、アイドルでもヒーローでもない役をしっかりこなしている。と言っても素晴らしいキャスティングとまではいかないけど。良くも悪くもない、まあまあな感じ。ちなみに、今だにデュカプリオをアイドル系俳優と思っている人にひとこと。彼は昔から結構様々な役に挑戦していて、どっちかというと演技派俳優の部類に入ると思います。あのミーハーな女性ウケするお顔で損をしている気がしてなりません・・・
それよりも目を引くのがやっぱりラッセル・クロウ。自分ラッセル・クロウ大好きなんですが、しばらく気付かなかったぐらいのブヨデブっぷり。役づくりのために相当増量したそうで。しかもまた、その演技が凄くいい。いいやつなのか悪いやつなのかよくわからない、だけどとにかく嫌味で嫌悪感を持たせるような、なんとも言えない迫力が凄い。
それでもって知らない役者ですがハニ役のマーク・ストロング。鼻血でるほどかっこいいです。渋くて、頭の回るこのキャラクターにピッタリ。存在感も抜群。
結果、ラッセル・クロウとマーク・ストロングにデュカプリオは完全に食われている感じは否めないかな・・・

原題は「BODY OF LIES」。「嘘の本質」とかそうゆう意味なんでしょうか。日本題「ワールド・オブ・ライズ=嘘の世界」もあながち悪くはないと思う。そんなタイトルにあるように、ストーリーは、嘘と嘘が複雑に絡み合って展開してゆく。
もちろん巨匠リドリー・スコットのストーリーテリングはそんな複雑な内容を可能な限りわかり易く描いているため、ある程度サスペンスに慣れた人ならすんなり呑み込める。ただ、扱うテーマが「嘘」なだけあり、嘘に嘘を重ね・・・最後にドーンとどんでん返し!を期待すると、ちょっと拍子抜けするかも。
もちろんどんでん返し的仕掛けはちゃんとあるのだが、この手のものを見慣れてしまっていたせいか、「実は・・・とか?」「いや、本当は・・・だったり?」と、観ながらあの手この手を想像しまくってしまっていた自分としては、なんだか予想よりシンプルな終わり方に軽く狼狽してしまった。そもそもそういう意外などんでん返しが売りの映画ではないのだろうが、サスペンスという体裁に嘘というエッセンスまで降られていたら、否が応にも期待してしまうというのが人心。また、「実は・・・なんじゃない?!」と勝手に想像させるような、意味のない描写や説明不足がやや目立ち、シンプル・イズ・ベストなリドリー・スコット監督らしくないと感じさせられたのも確か。

結果として消化不良感が残り、観終わったあと、結局これは何が言いたかったの?と思ってしまった。何が言いたいということはそもそもないのかもしれないが、現実に起こっている中東問題をテーマにしている限り、そういった落としどころを求めてしまうし、そこに充分応えられている手ごたえも感じられなかった。結果として、類稀な完成度を誇るリドリー・スコット監督作品群のなかでは、数少ない「微妙」な部類に入ることとなった。

ちなみに、レンタルDVDに付随していたメイキングの、原作者の言葉を聞けば、本来のテーマを推量することは可能。ただし、映画が必ずしもそれに沿ってつくられているとも思えないのが残念。
それでも、ふんだんなサスペンス要素やリドリー・スコット監督らしいシャープな演出、俳優陣の演技は素晴らしいので観て損はないかも。自分のように、ストーリーについて複雑に考えすぎなければ、普通のサスペンスとして充分楽しめるだろう。

B001U54KRIワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
レオナルド・ディカプリオ, ラッセル・クロウ, マーク・ストロング, ゴルフシテ・ファラハニ, リドリー・スコット

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-04-29
売り上げランキング : 116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲット スマート

2009年04月24日 21:32

分析官として優秀過ぎるがためになかなか昇格できなかったが、とあるいきさつからやっと念願のエージェントの座を手に入れた主人公が、エージェント「99」の美女とコンビを組んで極秘任務に挑むスパイ・コメディ。昔のTVドラマシリーズ「それ行けスマート」の現代版リメイク(?)らしいけど、元のTVドラマは全然知らずに観ました。

もっとおふざけ満載のスパイ・パロディ的なくだらない作品かと思って観たら、意外とちゃんとした映画でびっくり。アクションシーンも満載で、普通のハリウッド一流アクションと張り合えるぐらいの出来。アメリカン・コメディにありがちな、下品な下ネタギャグなどもないし、派手なアクションを交えて全体的にテンポよく進むため、最後まで飽きずに楽しめる。アメリカン・コメディは笑えなくてちょっと苦手・・・という人も大丈夫。むしろ、おふざけコメディというよりも、笑い要素の多いアクション映画と思って観たほうがいい。

ストーリーや最後の仕掛けなどはありがちな感じだが(そこもパロディ?)、メインの2人のコンビがユニークなので許せる感じ。主人公は新米エージェントでおトボけキャラだが、やるときはやる、基本的には(ドジだけど)「デキる男」なため、だんだんかっこよく見えてきてしまうぐらい。また、相方の美女エージェントはセクシーで可愛い(「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイ)。2人のツーショットには最後まで違和感あったけどね・・・。

軽めのスパイ系アクション映画として、それなりに楽しめました。気軽に何か観たいときにはちょうどいい感じ。予告編でついてきた、スピンオフ作品も面白そう。

B001OC2EPCゲット スマート 特別版(2枚組) [DVD]
ドウェイン・ジョンソン, マシ・オカ, スティーブ・カレル, アン・ハサウェイ, ピーター・シーガル

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-03-11
売り上げランキング : 653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アイアンマン

2009年03月20日 18:42

MARVEL産アメコミが原作の、ヒーローものアクション。巨大軍事企業の社長であり、スゴ腕発明家である主人公トニー・スターク。ある事件がきっかけで、自らアイアンスーツを開発し、それを着て悪と戦うアイアンマンとなるのだった。
・・・「悪と戦う」ってところは、今作に関しては微妙に語弊があるのだが、そのへんはあまり書くとネタバレするので、とりあえずいかにもな無難な書き方にしておきます。本当はもっとすったもんだあるのよ。言っちゃったらつまんなくなりそうだから書かないけど。詳しくは本編を観ろ!

そんなわけで、ちょっと書くだけでネタバレしそうなぐらい、プロットがちゃんと出来ている。どんでん返しもバッチリ。126分とこの手の映画にしては長尺だが、それを感じさせないぐらい飽きずに楽しめるところは凄い。
この作品はアイアンマンがいかにして生まれたかという、バットマンで言う「バットマン・ビギンズ」のような位置づけ。なので、実際にアイアンマンが大活躍ー!するのは多分次作からと言った雰囲気がむんむん。なのでみんなが楽しみにしているアイアンマンが大暴れなシーンは意外と少なく、そこを期待したら物足りないかもしれない。ただし、アイアンマンが生まれる過程はとても丁寧に描かれており、また、とてもユニーク。最近のヒーローものラッシュのなかでは、まず当たりと言って間違いない。

とにかく面白いのが、アイアンマンの正体はおっさんだってこと。おっさんですよ?普通シャイな青年だったりして、それがまたヒーローとしての自分との葛藤などで思い悩んだりするのに、おっさんは至って単純明快。自分の信念(?)でもってまっしぐら。とにかくそれを貫き通すために独りでチマチマアイアンスーツつくる。おっさん、頭いい!そんでもってとうとう飛行成功!おっさん、空を飛ぶ!もう、これだけで必見です。ロバート・ダウニーJrはかなりハマり役だと思う。
またその主人公のキャラクターも良くて、軍事企業の社長なだけあって、女遊びは大好きだし、ギャンブルはやるし、だけど台詞も何事もスマートで、なんだか今までの典型的なヒーロー像とのギャップが凄い。バットマンの正体も金持ちの御曹司だけど、優等生タイプのあちらとは対照的。悪そうなおっさん好きの自分としては、かなり好きなキャラクターだったことは間違いないです。「ハンコック」でもそうだったけど、必ずしも現実世界で優等生タイプがヒーローである必要なんてないんだよね。

また、基本全てが科学の力でつくられ、超常的要素が(一応)全くないため、メカニックの描写が多いのだが、そのへんのデザインが秀逸。特にトニーが自室でアイアンスーツを製作する際の、ホログラムのインタフェイスは目新しかった。もちろんアイアンマンそのものもほぼフルCGなんだろうが違和感なし。人が乗り物に頼らず空を飛ぶ、その感じも妙にリアルに出ていて良い。

ともあれこれでアイアンマンの生まれる過程はじっくりわかったわけだから、次回からいよいよ本領発揮ってことか。次回が楽しみ。エンドクレジットのあとに伏線のようなオマケがついているので、エンドクレジットで止めないよう注意!

B001N3570Qアイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]
ロバート・ダウニーJR., グウィネス・パルトロー, ジェフ・ブリッジス, テレンス・ハワード, ジョン・ファヴロー

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-03-18
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スピード・レーサー

2009年03月17日 22:06

まず最初に謝っておきます。ゴメンナサイ、完全にナメてました。面白かったです。
予告編を観る限り、毒々しい原色のモロCGベタベタな映像と、子ども騙しのような嘘くさい世界観とで、「絶対これ酷い出来だろうな」と勝手に想像していた。でも「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟の監督の新作だし、一応、念のため、観るだけ観ておこう、と。そしたら予想外に面白くてビックリ。全く期待しないで観たせいもあるとは思うけど。

日本の昔のアニメ「マッハGoGoGo」(タツノコプロ制作)をかなり忠実に実写映画化した作品。若き天才レーサー、スピード・レーサー(←これ名前だから!)が、レース界の裏に潜む陰謀に立ち向かうため、家族や仲間と力を合わせて過酷なレースに挑戦してゆく姿を描く。

と、まずここで先に言っておきたいのが、自分、この「マッハGoGoGo」が原作だって知らなくて観ました。しかも原作の「マッハGoGoGo」も、主題歌ぐらいはなんとなく聞いたことあるけど、全然観たことなく、内容もサッパリ知りませんでした。最後のエンドクレジットで、これが原作だと初めて知り、後から調べたらキャラクターデザインやマシンデザインなど、かなり原作に忠実なことがわかり、たぶんこの原作アニメを好きだった人なら相当楽しいんだろうなあ、と思った。でも何も知らなかった自分でも充分楽しめたので、それはそれで、よく考えたら結構凄いことなんじゃないかと。だってこんな異色の、オタクっぽさ全開の映画が、一見さんでも充分楽しめる出来になっていることってあんまりない。そこはさすがウォシャウスキー兄弟というか、エンタテイメントのツボをしっかり心得てらっしゃる。
オタクっぽさ全開で好き勝手やってるのに、何故かしっかりしたエンタテイメントとして万人受けする出来に仕上がっているというのは、傾向は違えど「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンを彷彿とさせた。そうかそうか、ウォシャウスキー兄弟はこれが撮りたくて「マトリックス」シリーズをつくったのね。そんな監督の猛烈な愛を感じさせる。異端な見た目のせい(?)で日本ではあまりヒットしなかったが、これこそ日本でこそ観て欲しい作品なんじゃないか。日本への愛を込めたオマージュが超大量に入っているよ!あくまでオタク的にだけど・・・ 笑

最初、(ある意味想像通りではあるが)原色バッキバキのCGバッキバキの、つくりものめいた世界観に面食らうも、観続けていると徐々に慣れ、すぐに気にならなくなった。確かにレースシーンなど、CGだらけで実写なのかアニメなのか訳がわからなくなるシーンは多々あれど、全てがそのテイストで統一され、ブレがないため「そういった世界」であるとすぐ許容できてしまう。例えばあくまでリアルな映像に合成されたCGがちゃっちいときは「あーあ、やっちゃった」的痛さしか感じないが、全てがちゃっちく非現実的なこの映画では、逆にそういうものだと思えてしまうから不思議だ。そしてもはや、「映画」なのか「アニメ」なのか「コミック」なのかの境界すら曖昧になり、そこを納得できたとき俄然面白くなってくる。「映画」だと思い込んではいけない。これは「新しい何か」なのだ。この感じは「シン・シティ」や「トランスフォーマー」を観たときに感じたものに通じるものがある。

それでも物語の大半を占める苛烈なレースシーンなどはしっかりハラハラドキドキさせ、あくまでエンタテイメントとしての質は保たれている。かと思えば「ニンジャ」や日本風のギャグなど日本オタクで有名な監督のやりたい放題を随所に感じることができ、なんとも贅沢なつくり。日本の少年少女なら、昔子どもの頃にTVアニメを観て妄想したであろうシーンが、映像としてビジュアル化されているのを観たときには笑った。監督はまるで日本の子どもみたいだ。

自分のように、TVアニメや漫画を見て育った「典型的な日本のオタク」世代ならば、それを海の向こうから愛し、ふんだんにお金をかけて映像化してしまったこの作品を楽しめない筈がない。何故なら何か、嬉しい気持ちにさせられるから。自分たちの基盤となっているものを、国や文化は違えど好きなんだよー!という監督のメッセージを強く感じることができるからだ。自分の好きなものを好きと言ってくれる人を嫌える筈がない。
ただし、特にアニメや漫画に興味がなく、オタク要素が皆無な人には、ただのギラギラCGの子ども騙しのヘンテコ映画になってしまうかもしれない。結局、監督が愛する物を共有できる人でないとその面白さは真に感じられないだろう。そういう意味では「オタク映画」であることは間違いないので、まあ、オタクじゃない人は観てもつまらないかもね。

最後のエンドクレジットの主題歌も、原作アニメの主題歌をラップ調にアレンジしていてかっこいい。サントラ欲しいぐらい。あとサル可愛い。エンドクレジットのサル必見(可愛いから)。

B001AQYQ1Cスピード・レーサー 特別版 (2枚組) [DVD]
エミール・ハーシュ, クリスティーナ・リッチ, ジョン・グッドマン, スーザン・サランドン, ウォシャウスキー兄弟

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-11-19
売り上げランキング : 1431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


RECENTLY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。